犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 結果と内容[第21回ちばぎんカップ@フクアリ]

こんばんは

諸々の不安を抱えたちばぎんも、蓋を開けてみれば、3-0の勝利。

思ったよりはチームになっていたというか、昨シーズン終盤よりもチームになっていた、と表現して良かったのではないでしょうか?

相手の守備の手法が昨シーズンから変わった点を差し引いても、太亮選手やコーキ選手というプレイスキッカーを失いながら、セットプレイからの3得点は一定の評価としてよいのではないかと考えます。

時折見せる大きなサイドチェンジや繰り出されるカウンター。ドリブル突破やシュートチャレンジなど、アタッカー陣の果敢なチャレンジも、見ていて楽しめたのではないでしょうか。


しかし、失点こそは無かったものの、時折見せる守備の脆さ、中央の甘さは、昨シーズンから大きくは改善されていない様にも見て取れました。

相手の精度に助けられたとも表現できますが、最後まで諦めずに、身体を投げ出したり、追いかけたりした結果でもあるのかも知れません。


また、初見となるアランダ選手は、さすが代表、と言うべき存在感。

チェイス以上に印象的だったのが、時折見せた相手選手に自身の躰をねじ込むようなボール奪取。

派手さとは無縁の守備ではありますが、この能力は簡単に替えが利くようなものでは無いと感じました。

ちばぎん一試合を生で見ただけですから、浮かれる訳でも、危惧を抱く訳でもありません。

確かに昨シーズンよりも個々の選手の意気や覇気を感じるシーンは多かった訳ですが、それだけで1シーズンを闘い切る事は当然出来ない筈。

一番不安を感じるベンチワークに関しては、ちばぎん特有のレギュレーションもあり、検証は出来ていません。


切磋琢磨の環境が、革命へと繋がるのか、結局は疑心暗鬼や責任転嫁に終わってしまうのか。


1試合ながら、色々な想いを抱えた管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する