犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 大分、落ち(着いて来)た

こんばんは


絶対、残ってくれると思ってました。

勝ち残って欲しいとも願ってました。


だいたい、例年、勝ち点3をウチに呉れるクラブなんて、そうそうありませんから。


緒戦、退場者二人出しながら、アウェイで1-2という敗戦。

充分、残留できる条件。そう、勝手に思い込んでいましたし、あなた方にとっては「逆境こそ力」だと信じていました。


・・・高松選手のPKでのステップを見るまでは、でしたけど。



2015シーズン、JEFでの幻の10番となった兵働選手。


皆さんの期待は大きかったのでしょうが、それまで、「全員攻撃・全員守備」を標榜するチームで、「中盤の底」を任せるにはリスクが大きすぎると感じていました。

守備を免除されるアタッカーのフリーマンとしてなら、他クラブの脅威に為ると考えなくはありませんでしたが、その選択をするとも思えませんでしたし。

案の定、開幕戦は不可思議な采配もあって、2失点に絡む事となってしまいましたね・・・。


思い入れなく、外から見ていれば、自分の所と大して変わらない、迷走から抜け出せずの一年であった様にも感じます。


それでも、あの国立で我々を破ったチームだからと、ず~~~っと、消化不良の戦いぶりを見てきました。

スケジュールを知って尚、まさか、3チームの昇格を見届ける様な様となるとは思っていませんでしたし・・・。


詰まるところ、いつか「あの時の借りをしっかりと返したい」その想いがあったからです。


大銀一体となったゴル裏のコレオ、バクスタでのビッグフラッグの掲出。

そして、それでも勝てない厳しさ。


「なに勝手に落ちてんだ!」正直、そう言いたい位です。

JEFの今シーズン後半の為体からすれば、「再戦を待つ」などと、軽々しい事は言えません。

それでも、対戦する可能性のある相手とし在って欲しい。そう考えざるを得ない事もまた事実ではあります。


報道などから入る情報では、再び不安定な状況にある事は間違いないのでしょう。

それでも、言いたいのは、ただ、「再戦の日まで、壮健たれ」という事。


そう、勝手に考える管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する