犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

契約満了選手のお知らせ(2015/11/26)

練習生を経て、駆け込みで加入発表となった能登選手、伊藤選手、河津選手は一年でのお別れという事になります。

出場機会という点では、河津選手だけが公式戦出場を果たせませんでしたが、能登選手にしても伊藤選手にしても、ピッチ上での印象を残せたかと問われたなら、「否」と答えざるを得ないでしょう。

大卒とはいえ、新卒の選手2名が一年で去るという点を鑑みれば「では、なぜ獲得したのだ?」という疑問は残りますが、最低限、プロとしての場の入り口を提供することに彼等が合意した、と考えるならば、それも已むを得ないのかも知れません。

異例のキャリアから加入した能登選手に関しては、ピッチ上での変化を齎せなかった、という印象でしょうか。

松田選手や安選手の中途加入があったとはいえ、厳しい言い方をするならば、序列を覆すだけの物を示せなかったという事でしょう。


3年在籍した栗山選手に関しては、もう少し複雑です。

期待された加入後、実質的に働きが出来なかっただけに、今シーズン、数少ない出場試合での失点への絡み方を鑑みると、致し方ないか、とは受け止めます。

その面では加入前、そして、期限付きで出場機会を求めた町田さんでの大怪我さえなければ、と、どうしてもそう考えてしまいますが、それも故に、下積みが許される年齢でなくなってしまった事もまた事実ではある訳で。

「追付けるでしょ?」と言わんばかりに也真人選手へ出した、あのパスは今でも覚えています。

契約満了選手のお知らせ(2015/11/27)

第一報とは異なり、思わず声を上げてしまった第二報。共に、2014シーズンの日立台での印象が強く残っています。


中盤の底、というイメージで獲得されたはずの田代選手は、中央で使われる事よりも、SBでの起用が多く、本人も苦労したのではないでしょうか。

ナム選手と共に、中央で相手の攻撃を必死に跳ね返していた柏戦が白眉となるのでしょうか。

本人の持久力の問題もあり、激しい競り合いが繰り返されるバイタルで、フルタイム闘う姿が見られなかった事が、残念に感じます。


下部組織育ちで次世代を期待された祥選手も契約満了。

秋田さんでの活躍を耳にするたびに、今後に胸を躍らせた方も多かったでしょうし、私もその一人でありました。

それだけに、クラブの判断に「何故?」という想いは捨てきれませんが、同期の遥也選手の31試合6得点、に比べると、やはり物足りない数字である事は否めません。

無論、ポジションの違いはありますが、遥也選手がネイツ選手や水野選手と機会を争う立場である事、やはり、サブスタートが多い阿道選手の今シーズンの数字を鑑みれば、数字として、周りを納得させるだけのものを残した、とは言えないでしょう。


契約満了選手のお知らせ(2015/11/28)

そして、第三報はいよいよ、主力クラス。

今シーズンの福岡で、地元の後援会の方から新しい断幕を送られた佑昌選手ともお別れ。


強い日差しの中、脚を攣らんばかりの状態ながら、ピッチの中央を突進してハットトリックを決めた野津田。

田んぼのようなピッチコンディションをものともせず、地面を踏み込む力強い走り方で存在感を示した西京極。

そのプレイぶりは、上手さ強さというよりは「馬車馬のように」という力強さが強く印象に残ります。

ピッチを走り回る姿に、謳い上げられるチャント。スタンドを盛り上げた選手とも袂を別つ事となりました。


第一報の能登選手を除いては、まるで50音順なのかと思われる契約満了。


皆、ありがとう。


別れを悲しむより、再会を楽しみに、今後のキャリアを築かれることに期待します。

この一連の人事が社長のコメントを反映しているのか否か、「次」が気に掛る事もまた事実。

漸く、最終節のリプレイを眺めながら、エントリを挙げる管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する