犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • PK(8位)[J2第41節:岡山戦@Cスタ]

おはようございます

それぞれが得たPKを沈められたか、否か。

それが大きな分水嶺となってしまいました。


ピッチがあのような状態でしたし、戦い方自体に不満があった訳ではありません。

ただ、いつも思う事ですが、動けなくなってきた選手に対してのケアが遅すぎる事についてだけは、触れておきたいと思います。


ネイツ選手を欠いた中で、アタッカーとして森本選手に掛った負担は相当のものであったでしょう。

力選手にしても佑昌選手にしても、ポジションで(心理的に)役割を割り切れてしまうチーム戦術への対応が強く感じられました。


それ故に、不安定な足下でこそ、岩政選手を向こうに回しても、その体幹の強さが活きるであろう阿道選手を早く投入して欲しかったです。


今迄の試合でもそうですが、出来る出来ないは兎も角、あの状況で何かを起こせる「雰囲気」があるのは彼だけであったのではないでしょうか?(事実、PKを得たのは彼でした)


PKキッカーの序列にも不満は残ります。

森本選手が退いた後、チームのシーズンを決しかねないボールが、なぜ、水野選手に渡されなかったのか。


止められた松田選手を責める気持ちは全くありません。それは事実ですし、決めてくれる事を願いました。

むしろ、蹴った事を褒めたいくらいです。


それでも、逆説的な表現にはなりますが、私は「ここはオーダーとしてコーキでは無いのか!?」と感じていました。

それは、もう、偏見かもしれません。しかし、あの時点での「ボス」はコーキだったはず。


仮に外しても、コーキなら全て背負ってくれる。いや、それ以前に絶対に決めてくれる。


そう感じた自分が居た事も事実です。

この敗戦で絶体絶命。


最終節で勝利してなお、上二つの結果次第という状況は「あの時」を思い出させます。

それ故に、結果が出るまでは諦められない自分が居ます。


WN BY ALL!!


スピーカー越しに確かに聞こえた声援。

現地に赴かれた皆さま、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する