犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 犬掻きだろうが、足掻きだろうが[J2第40節:東京V戦@フクアリ]

こんばんは

見どころ(J公式)
プレビュー

岐阜戦、札幌戦と下位チームに連敗を喫し、4戦勝ち無し。

最悪としか表現しようのないチーム状態ですが、明るい材料は久しぶりのフクアリ開催という事でしょうか。

11月緒戦でもありますし、割り切るところは割り切って、試合に臨んで欲しいですね。


さて、対戦相手は直上の7位に位置する東京Vさん。

前節、磐田さん相手に小気味が良い攻撃を続け、ハンドによる得点機械阻止で相手選手を退場まで追い込みながら、そこで得たPKに失敗。後半には磐田さんの個人技からの3失点に沈んでいます。


その意味では、似た者同士にして、プレーオフへの生き残りを掛けた大一番。

それでも、盛り上がりに欠けるように感じるのは、残り3戦の今にして、互いの戦績が揮わないからでしょう。


そう捉えるなら、両者とも、今シーズンの可能性を探る一戦と表して良いのではないかと考えます。


BLOGOLAさんは下部組織出身の選手にフォーカス。

[東京V]「どこにいても気になる」存在の千葉との古巣戦へ。モチベーション高く試合に臨む中後雅喜(BLOGOLA)
[千葉]岡本昌弘が語る千葉キラー・中後雅喜の印象(BLOGOLA)

若手チームという印象が益々強まっている東京Vさんに於いて、ヴェテランとして存在感を示す中後選手。

振り返るFKは未だに覚えていますが、コメントからすると岡本選手の出場が濃厚なのでしょうか?

[千葉]東京Vを離れて3年。初めて実現する古巣との一戦に富澤清太郎が思うこととは(BLOGOLA)

中後選手とは対照的な姿勢を示す富澤選手ですが、これは、対戦相手に馴染みの顔があるかどうかが一因なのかも知れません。

繰り返しますが、今シーズンのこれからを掛けた大一番。

前節後にも触れましたが、他力だろうが何だろうか、我々にはまだ可能性が残っているのですから、みっともなかろうが、カッコ悪かろうが、堂々と足掻けば良いのです。


それでは、皆さん、フクアリで!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する