犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 結果は最高、課題も山積(5位)[J2第35節:愛媛戦@フクアリ]

こんばんは

第35節 2015年10月4日(日)15:00KO フクアリ(J公式)
チーム一丸の勝利。

「6ポイントゲーム」に勝利したという事は今後を考えれば大きいですが、内容に関しては、そこまで差があった試合では無かった様に感じます。

無論、遥也選手のゴールの価値が損なわれる訳ではありませんが、ゴールに至るまでの個々の狙いは兎も角として、得点に関しては割られかけた状況からのカウンターであり、その後のチャンスを逸し続けた事は忘れてはならないでしょう。

全体的に「どう攻める」というよりは、松田選手の頑張りや水野選手のセンスに任せていたような印象が強く、最大の強みである太亮選手にしてもハーフウェイラインを越えられないシーンも散見されましたし、試合全般を通じては、シュートエリアでの松田選手の頑張りが、却ってチャンスをつぶしてしまったような感すらありました。


他方、最終ラインで積極的な持ち上がりを見せた富澤選手など、ラインを高く保とうという意図は見えましたし、それによって、パウリーニョ選手だけでなく、健太郎選手も積極的なチェイスが出来ていた様に思われます。特に、松田選手が触りさえすればというクロスを上げた健太郎選手の姿勢は、今後に向けての明るい材料なのかも知れません。


しかし、終盤に押し込まれて以降は、右サイドの守備はスカスカと言っていい惨状でしたし、ボールを持たない谷澤選手の怖さをあからさまに感じました。

また、太亮選手の前での佑昌選手の投入は監督のコメントを確認するまでもなく、守備を意識したものでしたし、その判断をした割には、疲労したネイツ選手をピッチから下がらせる判断は遅かった様に感じます。

結果的に無失点で終えた試合、というだけで、セットプレイなどでもフリーでシュートを放たれたシーンがありましたし、この辺りの隙を逃してくれたからこその勝利という事も可能でしょう。

但、そんな状況での緊迫した試合をモノに出来た事は大きいですし、それを今後に繋げなければなりません。

その意味では、レジェンドマッチに参加されたOB・OG諸氏の存在が、チームに追い風を吹かせてくれたのではないかとも感じる管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する