犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 再び、圏内へ(5位)[J2第35節:愛媛戦@フクアリ]

こんにちは

中途半端な判断からバタバタしていた状況が一転しての先制点。

ネイツ選手の粘りを松田選手が繋ぎ、大岩選手が簡単に左足で右のスペースへボールを送ると、フリーの水野選手から送られたスペースを狙うクロスに飛び込んだのは遥也選手。

飛び出してきたGKの眼前で触れたボールは、そのままゴールへ。このシーン、水野選手にパスを出した大岩選手も、その後の猛ダッシュでゴール前に迫り、リバウンドに備えていました。

しかし、さほど時を置かずして遥也選手にアクシデント。自ら座り込むと、再び立ち上がることなく、そのままストレッチャーに乗せられてピッチを退き、谷澤選手が投入。

前線で動き回っていた遥也選手が下がった事で、試合の進め方は変化しますが、幾度かのチャンスを迎えるも、相変わらず追加点を奪えず、時間の経過と共に、相手の圧力は強まります。

この辺り、選手交代で右に左にと攻撃のポイントをシフトする愛媛さんでしたが、改めて考えてみると、ベンチワークで流れを変える木山監督というのも意外な感があります。

対してJEFは、水野選手に代えて左サイドに佑昌選手を送り出し、谷澤選手を右サイドへ。

守備面での対応という事を考えれば左サイドへの佑昌選手の投入に不思議はありませんでしたが、右サイドの谷澤選手は左サイドの時以上に、守備での貢献がありませんでした。

その、手薄な右サイドを突かれたクロスからのシュートに至っては完全に失点を覚悟しましたが、幸いにもシュートは力なく高木選手の正面。

終盤には疲労が隠せないネイツ選手に代えて阿道選手を投入、形振り構わずに時間を使ってのタイムアップ。

上位に位置する愛媛さんとの直接対戦を制し、他会場の結果を受け、5位浮上となりました。

レジェンドマッチの開催で、スタンドの雰囲気も些か心配でありましたが、それも杞憂に。


フクアリに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する