犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 優柔不断(7位)[J2第31節:京都戦@フクアリ]

こんばんは

健太郎選手の出場停止を受けてのパウリーニョ選手の起用は予想通りでしたが、勇人選手の欠場による富澤選手が並ぶ事は想定外。

右SBに大岩選手を配し、金井選手、田代選手を控えに置いたのは、この辺りへの対応を含めたマネジメントであると思われました。


さて、色々な面で前回対戦は当てにならないと考えましたが、フレッシュでテクニカルな選手達の素早いチェックと広くサイドを使う京都さんのペースで始まった試合。特に、富澤選手や高木選手へのチェックでは肝を冷やすシーンも屡。

相手のプレスもギリギリのところで我慢して、単に蹴り出す事は少なかった様には思いますが、連動性にしてもボールの質にしてもやはり京都さんが一枚上手であった様に感じます。

しかし、先にゴールネットを揺らしたのはJEF。大岩選手から森本選手に入ったボールを遥也選手が拾ってゴール、と思いきや、直前の森本選手へのファウルで即座に笛が吹かれていたために、このゴールは認められず。仕切り直しの太亮選手のキックも相手GKの好守に阻まれてしまいます。


それでも、先制点を奪ったのはJEF。ネイツ選手が右サイド高い位置でのチェックでボールを奪い、松田選手目掛けて中央に送ったボールは手前でGKがスライディング。しかし、十分なクリアとはならずに零れたボールを森本選手がペナルティアークの中から左足でシュート。背番号9の久しぶりの得点で1-0とします。


若い選手が多いチームを相手に、ミスを突いての先制でしたから、ここから畳み掛ける事が出来なかった事が結果的には大きな代償となってしまいました。


大黒選手、フェホ選手の投入で猛攻に曝され続けた終盤。

「このままでは保たない」と感じましたが、案の定、右サイドを破られての失点。


そこからの反撃の様を見ると、攻める力そのものが無かった様には思われませんから、1-0での試合をどう進めるのか、采配含め、チームが如何に混乱していたかが如実に現われていました。


運動量に不満があったからでしょうか、先制点を奪いながらも森本選手を下げながら、代表帰りのネイツ選手を最後まで引っ張るなら、単純に安選手を投入するのでは無く、ネイツ選手を中央に配し、佑昌選手でカバーするという考え方もあった様に思いますし、その佑昌選手の投入も、左サイドの遥也選手が試合から消えてから大分経ってのものでした。

更に言えば、劣勢が続く中、何のために金井選手・田代選手を控えに置いていたのかと思われるような時間の経過。

漸く最後のカードを切ろうとする前には、試合は振り出しへと戻ってしまっていました。

劣勢となった時間帯からして、受けて守り切れる力があるとも思えませんでしたし、相手のドリブルに交わされながら背走を繰り返す、というシーンが何度もあった訳ですから、中央に田代選手を配するなり、金井選手の投入で大岩選手を絞らせて3バックにしてしまうという割り切りが無かった事が悔やまれます。

また、折角のマイボールも裏を狙うのか、トップに当てるのかも整理されておらず、ちぐはぐさばかりが目立った状況下、数少ない攻撃チャンスにも拘らず、シュートすら放てない選手達の消極さが招いたドローとも言えるでしょう。

この結果を受けてなお、順位こそ変わりませんが、前を走る目標の背中がまた少し遠のいてしまいました。

その点では、ミニキャンプとは何のためのものだったのかとすら感じる管理人です。


フクアリに集った皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する