犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 天災[第95回天皇杯2回戦:岐阜戦@フクアリ]

こんばんは

岐阜さんのエンドチェンジで始まった試合。JEFは些か1回戦とは異なった顔ぶれがピッチに立つことになりました。

驚きはむしろ、7名の控え選手を並べながらDFが金井選手のみであったベンチにこそあった様に思います。


ある程度は予想できた事ですが、地力の差で押し切れた1回戦とは異なり、パワーとスピードを活かす外国籍選手中心の岐阜さんに対しての対応に苦慮した序盤。


この試合の白眉はやはり、時間の経過と共に存在感を増した水野選手でしょう。

時間の経過と共に中へ外へと自在にポジションを変え、その右脚からのクロスでチャンスを演出。

太亮選手の判断か、決め事なのかは解りませんが、殆どのプレイスキッカーを務め、先制点に繋がったセットプレイもその右脚から得たものでした。

前半終了間際のCK、水野選手がファーサイドに送ったボールに栗山選手が合わせるも、バーを直撃。しかし、そのリフレクトが松田選手の前に転がり、脛で押し込むような形でゴール。先発出場でここまで得点が続くと、やはり彼が持っている「何か」に期待を抱きます。


後半、攻めに出てくる岐阜さんに対して、幾つかのチャンスを演出するJEFですが、追加点を得るに能わず。逆に、比嘉選手、高地選手、難波選手とカードを切ってくる岐阜さんの攻撃の圧力に曝されます。

結果として虎の子の1点を守り切ったJEFが3回戦にコマを進めたJEFではありますが、相手のフィニッシュ精度に救われた様なシーンも散見されましたし、良く言っても「お互いの精度が足りなかった」位の内容では無かったでしょうか。

とはいえ、敗戦を喫してしまえば、内容以前に雰囲気が気になってしまうところでもありますし、トーナメント故、「まずは結果」、と割り切る必要があるのかも知れません。

それでも、フルメンバーではない、リーグ戦では残留争いを展開している相手に対してという事を鑑みれば、諸手を挙げて喜べるものではない様に感じます。


久しぶりの出場となったパウリーニョ選手にしても、タスクの違いがある事を差し引いても、シーズン序盤のような絶対的な存在感を示していた訳ではありませんし、サイドに引き出されたのちの中央のゾーンに肝を冷やしたシーンもしばしば。

審判の傾向を掴めず、遅延行為で早々に警告を受けてしまった岡本選手の悪癖も改善は見られませんでしたし、栗山選手がアクシデントで退いた後、中央にスライドした大岩選手、代わって右SBへ投入された金井選手という対応を見てしまうと、メンバー選考にも不安は残りました。
しかし、この日最大のショックは、帰宅後に発生。


大雨に曝されながら帰宅した管理人は飛び込んできたニュースに驚かされます。

蘇我駅付近で発生した竜巻により、運行に影響が発生し、周辺ではガラスが割れる、屋根が飛ぶなどの大きな被害が発生。


命を落とされた方はいなかったのがまだ幸いではありますが、試合が19:00開始であったり、天皇杯ゆえの延長に突入していたりすれば、フクアリから家路に向かう、より多くの方々に大きな被害があった事は想像に難くありません。


フクアリに集われた皆さん、お疲れ様でした。


蘇我駅近隣にお住いの皆さま、被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する