犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 明暗[第95回天皇杯1回戦:東京国際大@フクアリ]

こんばんは

【1回戦】C大阪がFC大阪に敗れる波乱!群馬と栃木も姿を消す(J公式)
相手を上回る“気持ち”。

レポートは”気持ち”と評していますが、コメントからすると、ゲームを決めたのはむしろ”落ち着き”だったような印象です。

先制点を奪ったとはいえ、正直、「見ていてワクワクする」というような前半ではありませんでしたが、それでも「上手く行っていない」止まりで、「やられている」という訳ではありませんでした。

”気持ち”という点にフォーカスするなら、安選手が得たPKを奪い取ってまで得点を狙ったにも関わらず、遂に得点を奪えなかった森本選手などは完全に空回りしてしまった感があります。

その安選手は見事なボレーで試合を締める得点を奪っていますし、試合の大勢を決めた2点目を奪った也真人選手にしても、冷静にゴールをゲットしています。

森本選手とすると、新加入の松田選手の仕事ぶりに危機感を感じていたとはいえ、これがまた、その松田選手の投入直後、自身がピッチを退いて後の追加点でしたし、現地の皆さんも目にされた方が多いでしょうが、その後のベンチ内での凹み方は尋常ではありませんでした。

二度ほどポジションの隙を突かれた岡本選手にはヒヤリとしましたが、大岩選手や北爪選手などは、それぞれが想定された逆サイドで起用されていてもクリーンシートを達成。

結局のところ、ターンオーバーで臨んだ公式戦とは言いながら、自分達のミスは技量と体力の差で潰しこんでしまっていましたし、加入以降パッとしなかった安選手や、このところ試合から遠ざかっていた選手達にとってのアピールの場以上のものにはならなかったのではないでしょうか。

それだけに、この試合でも外れる事が無かったキム選手の存在が今のチームにとってどれだけ重要であるのかを、改めて示してしまった様にも感じます。

既に2回戦突破チームも出ていますが、JEFの2回戦は明日。

岐阜さんとの対戦についてはまた改めます。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する