犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 緒戦突破[第95回天皇杯1回戦:東京国際大@フクアリ]

こんばんは

メンバーは大幅に入れ替わり、不慣れなポジションを任された選手も多いように感じたスタメン。

相手云々と言う以前に、正直、「まぁ、こんなものかなぁ」というような試合の入りだったように感じます。


思うように試合が運べていない事は事実でしたが、さりとて、岡本選手に仕事が生まれた訳でも無かった訳ですから、スタンドほどにはピッチ上の選手達が焦れていた訳でも無いのかも知れません。


そして、先制はJEF。相手ゴール前でのリフレクトに反応し、安選手の加入後初ゴール。


1点リードで迎えた後半、「俺も負けじ」と森本選手も果敢にゴールを狙いますが、PK含めたチャンスで悉く枠を捉えられず。


1点では事故が起こり得ると思われましたが、森本選手と変わって途中投入された松田選手が安選手との関係で中央を破るラストパスを通すと、このボールを也真人選手がきっちりとゴールを決めて2-0。


その後、3点目となった安選手のボレーや、それを演出したコーキ選手のクロスなど、目を見張るプレーが無かった訳ではありませんが、実質的な試合は2-0の段階で終わっていた様に感じます。


何しろ、得点差以上に、時間の経過と共に相手の疲労が目に付くようになっていましたし、単純な競り合いでも簡単にボールを保持できるなど、安易なミスを突かれても、個々のカバーだけで対応しきれていました。

技術の高さを示した也真人選手にしても、得点に絡んだとはいえ、不慣れなポジションでタスクをこなせたかと問われれば、素直に「是」とは応えられませんし、コーキ選手よりも高い位置を取る事が散見された大岩選手は、結果として得点に絡めませんでした。

その意味で言えば、勝利というノルマはこなせど、個々の選手が起用されたタスクには疑問符が残る試合だったと思います。

その観点からすると、正直、面白みに掛ける試合ではありました。

それでも、2得点(とPK奪取)に絡んだ安選手には、メンタル的に今後への好影響を期待しますし、退いた後、ベンチで蹲っていた森本選手が心配でもあります。

学生相手に当たり前の結果と言えばそれまでですが、敗れた際のダメージは計り知れなかった訳ですから、サブメンバー主体であれ、コンディション含め、3-0という結果は悪いものではないのかも知れません。

但、興行面は度外視するにしても、リーグ戦を鑑みた場合、諸々と物足りなかった試合であったという面が否定出来ないと感じた管理人です。


フクアリに集った皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する