犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 試行と志向(7位)[J2第29節:長崎戦@フクアリ]

こんばんは

第29節 2015年8月15日(土)19:00KO フクアリ(J公式)
追加点を奪えず、再びドロー決着。

高木選手や最終ライン、中盤の二人、右サイドに配されたネイツ選手まではメンバーが変わりませんでしたが、左サイドで先発起用された遥也選手に加え、前節終盤に交代投入された松田選手と阿道選手が並んだ2TOP。アタッカーの顔ぶれはだいぶ若返った感があったJEF。

コイントスを取ったからか、エンドチェンジこそ無かったものの、ファーストシュートはじめ相手ペースで進んだ前半。

ミスから招いた大ピンチに事なきを得ると、相手のチェイスを交わすための冨澤選手からの苦し紛れのボールを拾った遥也選手がダイレクトでスルーパス。

抜け出した松田選手はそのままペナルティエリアに侵入するも、相手のチェックもあって、流れは一旦止められたかと思いましたが、再び持ち直してからのシュート。

ポストを叩きながらの先制点は、加入後初ゴールとなりました。

これで勢いを得たJEFは次々とシュートを放ちますが、悉く択生選手に防がれてしまいます。

また、ハイボールの競り合いで腰を痛めたヒョヌン選手に対して栗山選手の投入という交代カードを切らざるを得なかったのは想定外のアクシデントでした。


後半に入っても、ペースはJEFが握っていたように感じましたが、疲労が隠せない時間帯にゴールを奪われます。

もう、あそこを空けてしまう光景は何度も見ていますが、予想したコースを完全に外れたシュートは高木選手が一歩も動けずにゴールネットを揺らしました。

その後、JEFは遥也選手に代えて谷澤選手、さらに阿道選手に代えて大岩選手を投入。3バックへと布陣を変更し、び猛攻を仕掛けますが、金井選手がポストに激突するアクシデントなどもあり、立ちはだかる択生選手を撃ち破る事能わずに、1-1のドロー。


裏への意識とスピード、さらに頭で合わせる跳躍力にシュートの意識と、松田選手の働きは十分な合格点でしょう。

同じタスクを課せられるであろう森本選手や安選手と比較しても、良い意味で動きが硬質で無いだけでなく、プレイの選択肢も広いような印象を受けました。

他方、失点が止まらないばかりか、この試合で2名が負傷した最終ラインには不安が付き纏います。

この試合でのカードの切り方からしても、監督の中でのCBの序列に関しては栗山選手>大岩選手なのでしょうが、キム選手の症状が重いとするならば、中央の高さ強さにも不安を抱きます。

勇人選手や冨澤選手など、ベテラン選手にもミスが散見されていた事も気掛かりではありますが、トータルで捉えれば内容が悪くは無かっただけに、結果が出ないもどかしさをどうしても感じます。


その一方、天皇杯明け位までは、割り切るしかないのかも知れない(そこまでで何とか形にできなければ・・・)とも考える管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する