犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 待望(7位)[J2第27節:徳島戦@フクアリ]

おはようございます


メンバー表を見て、期待よりも不安の感を強くしたのは私だけだったでしょうか?


徳島さんがエンドチェンジを選択して始まった前半。

復帰した森本選手とネイツ選手をTOPに配した4-4-2という布陣に加え、攻撃参加を控える太亮選手。

前へのダッシュ以上に守備に駆け戻る谷澤選手、遥也選手の両SHに加え、マイボールでも果敢に裏を狙い、縦に付けようとする健太郎選手など、リスクを減らし、守備を重んじる事で、まずは土台を見直そうという姿勢は見て取れました。

ラインも無理には上げず、時折は前線へ連動したプレスを敢行しますが、基本はブロックを守る事が決め事だったのでしょう。

相手GKのリバウンドが目の前に転がってくるという序盤の大チャンスをネイツ選手が逃すと、蒸し暑もの相俟って、試合は我慢比べの様相へ。


それでも、唯一の得点は高めに位置した左SBが絡みます。

健太郎選手からボールを受けた太亮選手が、縦を気にする相手を尻目に、右斜め前方に出した強いボール。

何故そこにいたのかという疑問は兎も角、受けた遥也選手も完全に支配下に置いた訳ではありませんでしたが、結果的にそれが幸いしました。

遥也選手とスイッチするようにボールを納めた谷澤選手は迷わずにシュート。

相手GKの外を巻きながらの見事な軌道は、遅まきながら、今シーズンの初ゴールとなりました。


先制後も基本的に戦い方は変わりませんでしたが、後半に入ると、やはり、劣勢を強いられる展開。

序盤から、この戦い方を続けるのであれば、負担が大きい両SH、日本の夏の対応に苦慮するネイツ選手が交代カードの対象となるかと考えていましたが、予想は半分以上裏切られました。


阿道選手が、半分溶けていたような印象のあるネイツ選手では無く森本選手に代えて投入した事がまず驚きでしたし、遥也選手と佑昌選手の交代は兎も角として、田代選手の投入も織り込み済みではあったのでしょうが、太亮選手の負傷による左SBとしてのそれは想定外だったのではないでしょうか。


危惧した通り、いかにもチグハグな左サイドの対応でしたし、あれならば佑昌選手を一列下げるなり、健太郎選手を回すなりした方がまだ効果的では無かったかというような、長い時間を経てのタイムアップ。


JEFは久しぶりの勝利を、フクアリで迎えました。

スタンド全体を包み込んだ「俺JEF!」やはり、最高ですね。

フクアリに集った皆さん、ありがとう!おめでとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する