犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • GO AHEAD!(5位)[J2第24節:磐田戦@ヤマハ]

こんばんは

第24節 2015年7月18日(土)19:04KO ヤマハ(J公式)
足りなかった“押し切る力”。

改めて試合を見直してみると、劣勢ではありながら、ある程度はプラン通りに試合を運べていたように感じます。

1TOPの阿道選手に代えて高さと速さを活かせる安選手への交代だけでなく、谷澤選手に代えて佑昌選手と、裏へ裏へという意識付けも感じられましたし、交代で退いた選手達も、持てる力は出し切っていたように映りました。

スコアレスで残り10分まで引き摺り込めたJEFとすれば、この状況は悪くないものであった筈。


しかし、カウンターの起因となってしまった也真人選手、プレスが効かなかったパウリーニョ選手に富澤選手、キャッチングとパンチングの判断を誤った岡本選手と、ミスをこれだけ重ねてしまえば、失点はやはり免れ得なかったという事でしょう。

ベンチでは遥也選手が準備をしていましたし、仮に也真人選手のポジションに遥也選手が居たのであれば、また結果は異なっていたのかも知れません。

試合後のゴール裏で起こったブーイング、個人的には些か意外でしたし、無論、同調はしませんでした。


折からの湿度と熱気で靄が掛かるほどのヤマハスタジアム。選手達はしっかりと闘って敗れたのだと映りました。

そして、リベンジは敗戦を受け容れたものだけが起こし得るもの。


リーグ戦に於いて、次に磐田さんと相見えるのは、早くとも来シーズン。

現在の勝ち点や順位は兎も角、そのための姿勢は示してくれたように受け止めました。


[千葉]活気に満ちあふれた日曜のユナパ。パウリーニョに「ものすごく走っていましたね」と声を掛けたのは…(BLOGOLA)

翌日のユナパには、大勢の方々が脚を運ばれたようですね。

結果を出すために最も必要な何か、チームはそれを取り戻しかけたのではないかと思いたい管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する