犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 暑く、熱く(5位)[J2第24節:磐田戦@ヤマハ]

こんばんは

メンバー発表を受け、「ヒョヌン選手の名前が無い・・・」最終ラインの顔ぶれを確認して驚いたのは、私だけでは無い筈。

その後は大岩選手が左右のSBのどちらに配されるのか、まさか3枚で臨むのでは?などと頭を巡らせました。


試合は想定通り、磐田さんのペースで進みます。

7割方の想定通り、左SBに入った大岩選手どころか、その前に位置する谷澤選手すらマイボールの際にも、安易にハーフウェイラインを超えようとしません。

「後半勝負」とばかりに最終ラインでのボール回しに対するチェイシングも激しい中、それでも苦し紛れに蹴り出すシーンは多く無かった様に感じました。

それでも相手は磐田さん。

ジェイ選手を中心に、キレのあるドリブル、流れる様なボールの受け渡しなど、肝を冷やすシーンも度々でした。

警告を受けながら、中央で相手を必死に止めた大岩選手の働きもあり、スコアレスで迎えた後半ですが、前半以上のラッシュをもってJEFのゴールを抉じ開けようと、磐田さんの猛攻から始まります。


「10~15分は凌ぐしかない」と割り切るしかない時間帯に事無きを得ると、JEFは阿道選手から安選手へと交代カード。

実は、ここからの細かい内容は、殆ど記憶にありません。


ただ、失点前の好機で也真人選手がシュートを選択しなかった事以外、ですが。


それ以降は、磐田さんの構想通りに時間が経過しての0-1でタイムアップ。


JEFは1点が奪えずに敗戦を喫しました。

試合中には靄が目視で確認出来るような、スタンドですら、水分を採るや否や、汗として体外に流れ出してしまうような蒸し暑さの中、選手達は最後まで闘っていましたし、失点の原因となったインターセプトにしても、交代で退くまで、繋ぎにチェイスに競り合いにと、あちこちで姿を見せていた也真人選手を否定することは出来ません。

ただ、得点に至らずとも、仮にキャッチからのカウンターで失点していたとしても、あそこは撃って欲しかった、という想いは残ります。


しかしながら、センターラインを含む、攻守の要を3枚欠きながら、あそこまで頑張っていた選手達が見られた事で、現地に赴いたことに後悔はありません。

その意味では、個人的には、自動昇格云々やら、「悔しい」以前に「克たせてやりたかったなぁ」という想いが強く残る管理人です。


ヤマハに集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する