犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 割り切れなさ(5位)[J2第23節:群馬戦@フクアリ]

こんばんは

レポート・動画(J公式)
顔を上げて、“次”へ。

エンドチェンジがあったとはいえ、キックオフ直後から攻勢で挑んだJEFですが、15分辺りに受けたカウンター以降はペースを落としたのか、或は相手を攻め倦んだのか、攻撃に関しては停滞感が漂い始めてしまいました。

試合を通じて感じた事ですが、田代選手を左サイドで張り出させるよりも、金井選手の右サイドのスペースをもう少し有効に使えなかったかという想いは残ります。

事実、先制点は左サイドのかなり高い位置でのスローインを失ってのものでしたし、そこを抜きにしても、効果的な攻撃には繋がっていなかった様に感じます。

スタメン起用された富澤選手に関しては、ボールを持った際の落ち着きや、ロングフィードなど、一人のプレイヤーとしては「さすが」と思われる存在感でしたが、最終ラインから好機に繋がったシーンは無かった訳ですから、過度の期待を強いるのは酷な気もします。


最初にピッチを退くパウリーニョ選手に代わりに送り込まれる健太郎選手という判断にはさすがに驚かされましたが、連戦への考慮があったにしても、最終ラインと中盤とでの些か纏まりが無かった守備の舵取りを富澤選手に預けるという判断があったのでしょうか?

太亮選手不在の中、キッカーの代役を務めていた主将までが退いたピッチで誰がプレイスキックを務めるのかという疑問はありましたが、同点弾は、途中投入された健太郎選手が蹴ったセットプレイから。

これも新加入の安選手によってファーサイドで折り返されたボールをネイツ選手がしっかりと決めて、1-1のタイスコアへと試合を引き戻します。

結果的には、ここからのある程度オープンな流れの中で、追加点を遂に奪えなかった事が、試合を失うことになってしまった様にも感じます。

二度のGKのセーブがあったとはいえ、決勝点となる失点はミスから生まれました。

健太郎選手からの縦パスを受けた安選手の戻しが相手に渡り、一度は奪い返すものの、田代選手の縦へのフィードが奪われると、ボールを拾った吉濱選手が途中投入の小林選手とのワンツーから持ち上がってのミドルシュート。


この試合に関してはここまで失点には至っていませんでしたが、相手に付き切れない悪癖は織り込み済みだったのでしょう。

前向きになったJEFを意気消沈させるような、スーパーミドルが眼前のゴールネットを揺らしました。


遥也選手、水野選手と攻撃的な選手を投入するも、後手に回ったというよりは、遅きに失した感は否めず、結局、その後のスコアは動かずに、1-2でタイムアップ。

途中投入とはいえ、終盤に続いたロングスローやCKのために左右のサイドに走る水野選手の姿が、この試合で一番の猛ダッシュだったように感じたのは私だけでしょうか?

人も配置も変えて臨んでいるここ数試合。

怪我や出場停止の影響があるとはいえ、序盤のメンバーとは大分変った構成。

個々人の梃入れで課題は解決するようにも感じません。


最終ラインも中盤の底も務められる選手の補強を行った事からしても、そろそろ、システム変更すらあり得るのではないかと考えている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する