犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • ポジティブなドロー(4位)[J2第22節:金沢戦@石川西部]

こんばんは

負傷の状態が懸念された太亮選手、森本選手がメンバーから外れ、左SBには前節同様に田代選手、アタッカーには水野選手を配したJEF。ベンチには能登選手が名前を連ねました。

個々の選手の起用に関して驚きはありませんでしたが、太亮選手の穴埋め感が否めなかった構成ではあった様に感じます。

遥也選手の体力を考えると中三日の連戦を考慮してベンチスタートであったとも考えられますが、ピッチなのか調子なのかは兎も角、プレイスキッカーとしての役割を期待された水野選手のキックがイマイチであった事は、パウリーニョ選手からのキックでポストを叩いた金井選手のシーンを思い返しても、否めないでしょう。

逆に言えば、我慢比べの様相の中、焦燥感は感じませんでしたから、スコアレスドローは最低限の結果として織り込まれていた様にも感じます。

無論、二度ほど抜け出したシーンでのチャンスがモノにできていれば、との想いはありますが、同様にピンチもあった事を考えれば、結果が内容に反していた訳でも無く、ある程度、試みに対しては形となっていたようにも受け取れます。

PKか?というシーンのジャッジに関して、色々と物議はあるのかも知れませんが、そこで集中力切れる事無く戦えた事は、成果だと捉えて良い様にも感じます。


金沢に集われた、皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する