犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 早すぎた失点、遅すぎた得点(4位)[J2第15節:北九州戦@フクアリ]

こんばんは

長いシーズン、こんな試合もある事は理解しているつもりですが、目の当たりにすると、やはり応えますね。

顔ぶれからすると、順位が不思議なくらいの北九州さんだけに、中盤戦以降の戦い方の試金石と捉えていたのですが、3失点共に、緩さを突かれてのものですから、ぐうの音も出ません。

JEFの猛攻から始まった一戦ですが、試合が落ち着いたと思われた矢先いは先制点を献上。

当たれずとも、太亮選手にはもう少し詰めていて欲しかったですし、あれだけ離してしまえば、やはりそれなりのボールが入ってしまいますね。

得点を奪えない以上に守備面での貢献が少ない攻撃陣、入ってくる相手では無く、ボールホルダーに見境なく襲い掛かる主将。

失点以前から、パウリーニョ選手が空けたスペースを使われての危ういシーンが無かった訳ではありませんが、その問題の対処は前半通じてなされていなかった様に感じます。

最終ラインにしても、相手の2TOPを意識しすぎていたきらいはありますが、チームとしての守備が前から入るのか後ろで構えるのかがあやふやなまま、失点を喫してしまいました。


切り替えて臨む筈の後半に至ってはあれよあれよと中央を割られて失点を続け、スコアボードはあっという間に0-3に。


攻撃の大駒である谷澤選手・ネイツ選手を下げて早々の2枚替えからの放り込みを敢行するなど、何とか得点を狙うJEFでしたが、結果的には終盤に奪った大岩選手の1点止まりでタイムアップ。


勝利すれば首位を窺えたはずの試合も、終えてみれば4位に後退。

この辺りの課題を解消できない事には昇格を掴み取る事はまだまだ困難という事なのでしょう。

得点後、ボールを拾ってセンターサークルまで走って戻った大岩選手。

その姿勢が、惨敗だったはずの試合を完敗にしてくれた事は否めないように感じる管理人です。


フクアリに集った皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する