犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 采配への不満(2位)[J2第14節:金沢戦@フクアリ]

こんばんは

田代選手がスタメンに名を連ねた事自体に驚きはありませんでしたが、右SBというポジションでの起用には驚かされました。

守備面での落ち着きを狙うという布陣であったのでしょうが、一方で攻撃参加時に効果的であったとも言えませんでした。


開始早々の健太郎選手のシュートやGKの正面を突いたCKなど、惜しいチャンスはありましたが、内容としては想定通りの我慢比べ。

メンバーチェンジなく迎えた後半、先に動いたのはJEFでした。CKのピンチに、田代選手を下げて、遥也選手を投入。

その遥也選手がいきなりの大仕事。

CKをダイレクトでキャッチした高木選手から、走り出しながらボールを受けると、躊躇なく、大岩選手はそのままドリブルで中央を駆け上がり、遥也選手へと展開。

左サイドに開いていた遥也選手はスピードに乗ったドリブルでペナルティエリアまでカットイン、そのまま右脚を振り抜きました。

放たれたシュートにGKは全く反応できず、堅守を誇る金沢さんのゴールネットを見事に揺らします。


問題は、この後の戦い方でした。

時間の経過と共に増す、金沢さんの圧力に押し込まれるようになったJEF。

特に右サイドの守備に関して阿藤選手が最終ラインの近くに位置するようになっており、ここの手当てが必須に思われました。

ベンチに呼ばれた佑昌選手を確認して、やっと手を打ったかと考えた管理人ですが、代わりに下がったのは、ピッチに座り込んだ谷澤選手。

佑昌選手は、谷澤選手のポジションであった左サイドにそのまま入ったため、右サイドの問題は相変わらず放置されました。


そして、やはりと言うべきか、失点は右サイドからの流れで生まれます。

右サイドからの鋭いボールを跳ね返したリバウンドにJEFは詰めることが出来ず、相手のミドルシュートが金沢さんに収まると、中央に二枚残っていた事もあってか、一人がキム選手をスクリーンのような形で抑え、再びシュートを放たれての失点。

動いていて防げたかどうかは解りませんが、ミドルのリバウンドに対応しようとした金井選手の位置を確認することなく、オフサイドに関するセルフジャッジもありました。


ここでベンチが森本選手を阿道選手に代えて投入しますが、スコアは動かずに1-1のドローに終わってしまいました。


個人的にまず不満を感じたのはジャッジよりも采配。

遥也選手が準備した際、下げるのは阿道選手だと考えていましたし、田代選手を下げたことで、守備の切り札が不在となってしまいました。

谷澤選手に代える佑昌選手の投入が想定外であったとしても、ベンチにはまだ森本選手、北爪選手が残っていた訳で、前者ならば、ネイツ選手を右サイドに、後者ならば、金井選手を再び前に配する事が可能だったように思われます。

そして、いずれの交代策を採ったにせよ、前者ならば遥也選手と森本選手でカウンターを狙いつつ前線からのチェイス、後者だとすれば、兎に角ブロックを再構築して守りきるという、意図は見せる事が出来たように見受けられます。

ましてや、追加点を奪うため、森本選手投入後には、あれだけの攻勢を示せたのですから。


極端に言えば、攻守で効果的な仕事が出来なかった阿道選手を下げなかった意図が奈辺にあったのかが解りません。

彼が頑張っていないとは言いません。

但、途中出場、スタメン起用問わず、チェイスや戻りが緩慢なプレイに不満はある訳で、讃岐戦辺りから顕著に感じるのは、少なくとも、「頑張り方が解っていないのではないか?」という疑問。

高卒2年目の19歳とはいえ、ピッチに立つ以上はJEFの選手。チームに貢献する義務があります。

期待するからこその、厳しい表現になりますが、今節の結果が、大いなるお灸になる事を期待する管理人です。

フクアリに集った皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する