犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • ラインダンスはヘイヘイヘイ!(2位)[J2第13節:讃岐戦@丸亀]

こんばんは

谷澤選手の出場停止で気になったスタメンですが、森本選手の復帰もあってか、アタッカーの顔ぶれをガラリと変えて臨んだ讃岐戦。

森本選手に阿道選手がピッチに並び、ネイツ選手をベンチスタートとした事もあってか、相手の整った最終ラインに対して両SBがクロスを挙げるという展開をそもそも目指していなかった様に感じました。

SHをSBが追い抜くシーンどころか、時として両SBが中盤の中央でボールの配給係を担うという珍しい形が見られましたし、阿道選手が受けたボールを出し手に返すという練習の様なプレイも度々見せていました。

具体的な形は異なれど、連戦故の後半勝負、という狙いが両チームにあった様に感じましたし、それを示す様に前半のATは0。


迎えた後半、動いたのは讃岐さん。JEFにあわやオウンゴールというシーンもあり、何度か狙っている攻撃が出来ていると見たのか、綱田選手に代えて木島選手を投入。

対するJEFは前半終了間際に警告を受けていた井出選手に下げて、ネイツ選手をピッチに送り込みます。

更に、水野選手を下げ、送り込まれた北爪選手が右SBに、金井選手はポジションを前へ。このところ何度か見られたポジション変更も行われます。

得点はその交代から時を時を置かずして生まれました。

中盤でセカンドボールをを拾った健太郎選手が大きく右サイドの金井選手へと展開。パウリーニョ選手を経て、再び健太郎選手に戻って来たボール受けると、そのまま右足で森本選手へと付けます。

納めた森本選手が左サイドへとボールを送ると、そこには完全フリーの太亮選手。

アーリークロスに対して、ニアにはパス出し後からスペースを狙って走った健太郎選手、中央には阿道選手、そしてファーにはネイツ選手。

健太郎選手の頭を掠めたボールはファーに流れ、ネイツ選手が押し込みました。

この一連の流れにおける健太郎選手の存在感は、非常に管理人の印象に残っています。


先制後、田代選手が準備されていましたので、誰に代えるかという点が気になっていましたが、復帰初戦を鑑みてか、森本選手との交代で、試合のクローズを図ります。

讃岐さんにアンドレア選手の投入もあり、警告を受けたり、危ういシーンも何度かありましたが、虎の子の1点を守り切っての勝利を捥ぎ取りました。

管理人初の丸亀参戦から先ほど戻りました。

空模様が心配されていましたが、スタンドではむしろ日差しや暑さとの戦い。

また、コールがメインスタンドから跳ね返って来たり、北野監督の声が良く通るんだな、と色々な発見がありました。

丸亀に集った皆さん、おめでとう!ありがとう!


そして、森本選手を拍手で迎えてくれた讃岐サポーターの皆さん、ありがとうございました。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する