犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 遥也と也真人(2位)[J2第11節:横浜FC戦@フクアリ]

こんばんは

第11節 2015年5月3日(日)16:04KO フクアリ(J公式)
2連勝で2位に浮上!

従来、同時起用が少なかった事もあり、遥也選手と也真人選手の名前が並んだスタメンには多少驚きました。

連戦でのコンディションや、横浜FCさんの中盤が左程サイズが無い事も影響したのでしょうか?

最初のチャンスは、パウリーニョ選手の縦パスを受けた遥也選手が簡単に也真人選手に付け、その也真人選手がヒールでネイツ選手へと繋いだもの。

しかしながら、彼等両名が絡んで、というシーンはこのプレイ位だったのではないでしょうか。

先制点も追加点もセットプレイからでしたし、ダメ押しの3点目が入った時点では、両者共にピッチを退いていました。


だからと言って併用が悪かったという訳でも無いのですが、谷澤選手やネイツ選手がやはりドリブルで仕掛ける事が多いだけに、繋ぎのアクセントとなる也真人選手は兎も角、遥也選手が目立つシーンは多くありませんでした。(先制を生んだCKはワンツーで抜け出した遥也選手の仕掛けからでしたが)

そもそも、試合の展開もあってか、也真人選手にしてもロングボールを追いかける回数が多かったようにも思います。

二試合で7得点とはいえ、PK含めてセットプレイ絡みでの得点が多く、飛び道具という強みは頼もしいですが、攻撃の容という意味では、まだまだとも言えるのではないでしょうか。

過密日程となるGWの連戦ですから、手数を掛けずに得点と勝ち点を積み上げられるという点に関しては否定できませんが、ストロングポイントである左サイドの谷澤選手・太亮選手の不在時にはかなりの不安も感じます。

[千葉]田代真一、インサイドハーフで活躍しチームを底上げ(BLOGOLA)

その点で考えると、守備での貢献とはいえ、前節に続いて、得点に繋がるボール奪取の嚆矢となった田代選手など、控えに回っている選手達の一層の奮起に、期待したい管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する