犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 交代選手で3点目(2位)[J2第11節:横浜FC戦@フクアリ]

こんにちは

堅い展開になるかと思われた対戦だった故、開始早々のビッグチャンスを逃した際には頭を抱えましたが、終わってみれば3-0という予想外のスコア。

先制はCKから。太亮選手の早い弾道に合わせた金井選手。

ファーの金井選手はセットプレイでの名物となりつつありますが、ここまで完全にフリーとなる事もまた珍しいように感じます。


後半早々のファウルで横浜FCさんに退場者が出ると、そこで得たFKを太亮選手が綺麗にゴールマウスへ。

太亮選手はその前でのチャンスを逸して頭を抱えていたからか、パウリーニョ選手に譲りませんでした。


これで、2点リードに数的有利。連戦と疲労とを考慮してか、ベンチはネイツ選手を早々に下げ、阿道選手を投入します。


しかし、展開は楽になるどころか、一人少ない相手のクロスに対してゴール前でのクリアミスが続くなど、試合をコントロールできません。

もし相手が、その意識を審判団に向けず、左サイドに集中していたら、結果もまた異なったのかも知れません。


ある程度落ち着いたように感じたのは、交代の当初、右で入った佑昌選手と谷澤選手のポジションを入替えてからでしょうか。

そして、パワープレーも意識してか、也真人選手を下げてピッチに送り込まれた田代選手が試合を決定付けました。

相手ペナルティエリア付近でのフォアチェックで相手ボールを奪うと、そのまま阿道選手へ。

受けた阿道選手のシュートは南選手に弾かれますが、外を回って走り込んでいた佑昌選手の左脚がリバウンドをきっちり詰めて3点目。

その後、停滞していた雰囲気が嘘のように、大脱走が謳われる中でも相手ゴールに迫るなど、相手を押し込んで勝利を掴み取りました。

特に、3点目に関しては途中投入された3選手で得点を奪った訳で、連戦のコンディション、森本選手・勇人選手不在という苦しい台所事情のバックアップを鑑みても明るい材料に感じます。

また、ベンチからの指示もあったのでしょうが、田代選手はこのシーンだけでなく、両SHのポジショニングへの指示など、今までとは少し異なった色を見せていたように感じます。

まだまだ満足するほどの内容ではありませんが、疲労を考慮すれば、セットプレイでの2得点と終盤のダメ押しは結果としては上出来。


フクアリに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する