犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 失点は油断から(3位)[J2第8節:愛媛戦@ニンスタ]

こんばんは

第8節 2015年4月19日(日)16:04KO ニンスタ(J公式)

敵地で今シーズン初黒星
試合後コメント

幾つかのチャンスは演出しましたが、勝利は愛媛さん。

後半にはもう一つ、完全にフリーになった、河原選手の判断ミスとも思える選択を鑑みると、絶好機という観点では、完全に相手の土俵に乗ってしまった敗戦となってしまいました。

失点シーンに関しては、太亮選手や谷澤選手のポジショニングに問題があった訳ですが、起因となったファウル後のパウリーニョ選手は河原選手への気遣いを見せて持ち場を離れるなど、締めるべき主将も集中を欠いていた印象。このシーンのみならず、試合を通じてパウリーニョ選手は「らしさ」を欠いていましたが、それが相手に消されていたのか、もともと出せなかったのか、についてはやはり気になるところです・・・。

後半、攻勢に出てきた相手に対して、極端な話、相手を引き付ける様な戦い方を見せて欲しかった様にも思いますし、谷澤選手や水野選手を投入したのであれば、ドリブルでの突破でチャンスを演出するなりセットプレイの機会を得るなりして欲しかったようにも考えます。

また、前半、攻撃を放棄していたような相手に対して、同様にしっかりとブロックを構築して引き分け上等の雰囲気を感じさせるなど、相手を引き摺りこみ、アタッカーを疲弊させる様な戦い方も有り得たのではないかとも思われますが、この辺りは全て「たられば」の世界。


それでも少ないチャンスにチャレンジした森本選手や、二度のチャンスで得点を匂わせた金井選手、そして、ピッチに脚を取られなければというネイツ選手など、惜しいシーンがあった事は事実ですから、一概に否定もできないのかも知れません。

既にドローに終わった栃木戦で同じような経験をしている訳ですし、「この敗戦は木山監督がJEFに必要なものを教えてくれた」という論調に私は与しません。

ホームゲームですらでドン引きするような対戦相手から、得点を奪うための引き出しがまだまだ不足しているというだけの事でしょう。

そして、それが及ばなかったからこそ、プレビューで示した通り、スペースを消す戦い方をするチームに対して、今シーズン初の無得点でタイムアップを迎える事となってしまいました。


その意味で、危惧しているのは愛媛戦での初の敗戦のショックでなく、今後。

スケジュールの消化に伴えば、その時々の順位から、JEFの様に昇格を目指すクラブに対し、残留や勝ち点1を意識する、いわば「一撃必中」を狙う、この試合のような戦い方をするチームが増えて来るという事だと捉えている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する