犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • そして、少年は大人になる(1位)[J2第7節:大宮戦@フクアリ]

こんばんは

予想通り、布陣もがっぷりと組み合った対戦。

些か硬さの見えた序盤でしたが、ムルジャ選手をオフサイドの網に掛ける事に成功すると、徐々に試合の主導権を握りだします。

セットプレイからのキム選手、パウリーニョ選手のフォアチェックからのクロスに合わせたネイツ選手と先制の機会はありましたが、残念ながら枠を捉えるには至らず。

そして、試合を有利に進めていた最中、カルリーニョス選手へのチェイスに入ったパウリーニョ選手が接触で傷みます。

暫くピッチ上から動けなかった姿には心底肝を冷やしました。

ストレッチャーでピッチ外へ運び出されたパウリーニョ選手と時を同じくして、森本選手は止血のためにピッチ外へと送り出され、二人少ない時間帯。

一時的とはいえ、プレスの嚆矢と要を欠いたJEFにとっては、ここを凌げた事が一つ大きかったように感じます。


前半の内に復帰した両名ですが、後半は大宮さんペース。


金井選手の準備に関しては右か左かという考えが過りましたが、退いたのは北爪選手。

驚きは佑昌選手が谷澤選手に代わって入ったことでした。


しかし、得点はその佑昌選手のクロスから。

果敢にペナルティエリア内に突進した勇人選手から流れたボールを中に送った佑昌選手のボールに対し、斜めに入った遥也選手。

投げ出した足に触れたか触れないかというボールは、飛び込んだ躰が相手GKのブラインドにもなったのでしょうか?そのままゴールマウスへ吸い込まれます。

1点差ではまだまだ安心できないと思っていましたが、左サイドのチャレンジに失敗したネイツ選手がそのままチェイスに入ると、ボールは再びJEFに。

太亮選手からの縦へのパスに楔となったネイツ選手の落としを受けた遥也選手。

大外には森本選手。右にはネイツ選手、左からは走りこむ太亮選手をデコイに使った遥也選手の右脚が再びゴールネットを揺らします。


その後は、押し込んでくる相手の攻撃を受ける事前提で健太郎選手を投入。

家長選手のバー直撃のヘッダーなどもありましたが、最後で躰を投げ出す守備でまたも完封で勝利を掴み取りました。


磐田さんが岡山さんと分けたことで再び首位に返り咲きましたが、ここでの順位はシーズンの結果を保障してくれるものではありません。

それでも、あの時間のキックオフ故に、、試合後、管理人は浮かれすぎて更新が遅れました。

フクアリに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する