犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 雨風に 薫る菜の花 舞う桜(2位)[J2第5節:C大阪戦@フクアリ]

こんばんは

第5節 2015年4月1日(水)19:03KO フクアリ(J公式)
壮絶な打ち合いはドロー決着
試合後コメント

メンバーに変更は無いものの、ペチュニク選手をFWへ、遥也選手をサイドへ廻した4-4-2へと布陣変更で臨んだJEF。

開始直後は些か固く見えましたが、前半は文字通り堅い試合展開。

序盤こそC大阪さんに対して些か経緯を表していたように映りましたが、ハードワークの効果か布陣変更が功を奏したか、時間の経過と共に徐々に相手陣内でのプレイが増えます。

しかし、得点を奪うには至らず前半終了。

特に嫌な感じはありませんでしたが、C大阪さんの一つ一つのプレイに関しては「やはり、上手いなぁ…」と感じましたし、JEFに関しては「この戦い方が中二日で保つのか?」という不安は抱きました。


迎えた後半は前半に比べて攻撃の意識が強まった様に感じます。

後半早々、ボールロストの直後のファウルでネイツ選手に警告があった事で、その後の戦い方に関して些か嫌な感じを受けたのですが、先制はそのネイツ選手から生まれます。

左サイド深くでのセットプレイ。太亮選手のボールに反応した森本選手のボールが相手DFに当たってあわやOG。このボールはGK丹野選手に当たりますが、そのリフレクトに反応したネイツ選手がしっかりと押し込みました。

ビハインドを負った事でC大阪さんの攻勢も強まります。失点にこそ至りませんでしたが、パウリーニョ選手が玉田選手の突破を手で止めて警告を受けた辺りから、ずいぶんとピッチの中央が空いているように感じました。

しかし、追加点もJEF。カウンターからの流れでボールを拾った勇人選手が森本選手へパス。そのボールを受けた谷澤選手はネイツ選手へパスを出しつつ中央に走りこみます。

その動きで出来た一瞬の空間を狙いすましたネイツ選手が右脚一閃。美しい弧を描いた弾道は再びゴールネットを揺らしました。


ボールキープの特性ばかりが採り上げられる谷澤選手(いや、確かにその能力は折り紙付きです)が、昨シーズンのホーム大分戦で見せた森本選手とのスイッチの様に、味方を活かすための動きは見事だったと感じます。

対峙し、止まった状況からでは自らの仕掛けが少ないネイツ選手でしたが、抜くというよりは、置きなおす動きからのシュートは十分に脅威足り得るものだと証明したのではないでしょうか。


2点のリードを奪ったJEFは、前半から脚裏を気にしていた金井選手に代えて佑昌選手を投入。

この後追加点を狙った太亮選手の侵入や、谷澤選手から遥也選手を狙ったパスなどが得点に至れば良かったのですが、ここからリードを活かすどころか、あれよあれよという間の3失点で逆転を許してしまいます。

長谷川アーリアジャスール選手からのハーフウェーライン辺りからのロングパス。斜め後ろから入ってくるボールをコントロールすることなく、迷わずに右脚を振り抜いたフォルラン選手のシュートに、準備の無かった大岩選手と高木選手は為す術がありませんでした。

監督のコメントもあるように、この得点はC大阪さんが息を吹き返すには十分。

遥也選手を退かせ、健太郎選手の投入で試合を落ち着けたかったJEFですが、その直後、右サイドからの自陣ペナルティエリアの中での競り合いでこぼれたボールの先にはまたもフォルラン選手。

シュート性のボールは枠を外した弾道でしたが、このボールにカカウ選手が飛び込んでスコアは2-2。

更に、玉田選手が左サイドでヒョヌン選手を背負いながら繋いだ繋げたボールを山口選手が送った先には完全にフリーのフォルラン選手。難なく、この試合の2点目を奪います。

追いかける展開となったJEFは、健太郎選手の投入後から慣れない右サイドを務めていた勇人に代えて阿道選手を準備。そして、JEFが今までとの違いを示したのは、ここからでした。

阿道選手投入直後の左サイドからのスローイン。ペナルティエリアギリギリでボールを受けたネイツ選手が落としたボールに走りこんだパウリーニョ選手がそのまま弾丸ミドルを叩き込み、タイスコアへと試合を引き戻します。

更に、その後のキックオフから、一度もプレイが切れないまま、佑昌選手のクリアを拾ったネイツ選手。その段階で相手との競り合いを制し、ダッシュを開始した森本選手にパス。

ドリブルする森本選手は相手3人を引きつけながらも、ペナルティエリアギリギリでネイツ選手へと繋ぎ、受けたネイツ選手はワンタッチでさらに走りこんだ阿道選手へ預けます。

完全にGKと1対1のチャンスを得た阿道選手のシュートが揺らしたのはサイドネットではなく、フクアリそのものだったのではないでしょうか。


しかし、それでもタイムアップに歓喜は無く。

AT表示6minに「長い」と感じたのは私だけでないでしょう。そして、ATのCK。フォルラン選手のキックが逆サイドまで抜けたボールをフリーの丸橋選手が中央へ送ると、山下選手のヘッダーを高木選手はキャッチに入るも掴み切れず。

・・・ボールと共に、勝利はこぼれ落ちてしまいました。

その後、玉田選手に代えて茂庭選手を投入した相手から得点を奪う事はさすがに出来ず、4-4のままタイムアップ。残念なドローで試合は終わります。

同点のシーンでのジャッジに関して、リプレイを見返しても、入っていないと断言は出来ませんし、水戸戦での2得点目などもありましたから、これはもう引き摺るべきではないでしょう。


試合前、家本主審が割り当てられた事を知って管理人はむしろ嬉しかった位ですし、試合を通じて、選手同士が荒れることも無かった事を鑑みても、このピッチコンディションでの注目カードをしっかりと吹いてくれたと受け止めます。

しかし、後半だけで8点が入るだけでも驚愕ですが、その内訳を見れば、70分から6点、80分から4点が動くなんて、なんという試合だったのでしょうか。(しかも6点はお互いの助っ人の得点)

結果は措くとして、一人のフットボールファンとして、フクアリにあった事には幸せを感じます。


そして、C大阪さんはやはり、上手いし強いし怖かった。


相手を止めるために警告を強いられたネイツ選手、パウリーニョ選手。

フォルラン選手の1点目には準備することなく失点を喫した大岩選手、高木選手。2点目となる前の玉田選手を抑えられなかったキム選手。アクシデントの結果とはいえ、途中出場ながらカカウ選手に歯が立たなかった佑昌選手。

まだまだ、課題は山積です。そして、だからこそ、まだ強くなれる。

「この試合があったから」

そう言えるようなシーズンの結果を残して欲しいと、改めて願う管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する