犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 一つの指標(2位)[J2第3節:栃木戦@グリスタ]

こんばんは

レポート(J公式)
攻め切れず、ドロー決着

前半、お互いに堅実な戦い方ながら、感じたのは遥也選手の目立たなさ。もう少し、散らしのために動いても良かったのではないかという気もしますが、それもオーダーだったのでしょうか?

後半にはお互いスコアを動かしたとは雖も、枠内シュートは2本ずつというスタッツからすれば、得点力不足以前に、まだまだ布石や勝負所に関して一朝一夕で解決できる訳ではなさそうですね。

PKを奪った太亮選手やしっかりと決めた森本選手の気持ちも解りますが、その喜び方からしても、この試合の相手の堅さが見て取れるようでした。

また、どうやらネイツ選手は相手と正対して突破するというプレイに関し、(少なくとも現状として)間合いが掴み切れていないようですね。(元来、そういうプレイが得手ではないのかも知れませんが…)


他方、セットプレイでの得点のチャンスがあったのは金井選手。CBを務めたこともあるというだけあって、体格の割には跳躍力には期待を抱きました。

水戸戦でのファーサイドから詰めた動きなどを鑑みても、セットプレイに関しては面白い役割を果たして行く事になるのかも知れません。

もっと言えば、セットプレイで試合を動かす力も必要とはなるのですが、相手守備陣とその後ろに控えるGKを外すこともなかなか困難ではありました。


それでも、ハンドを奪った太亮選手のプレイや、ネイツ選手の頑張りなど、相手ゴールライン付近でペナルティエリアを扼していくプレイ等は、外で三角パスを繰り返していた昨シーズンとは異なる狙いが感じられます。

セットプレイの流れの中から、失点の際に相手を離してしまっていた大岩選手なども、攻勢を強める終盤には果敢に上がっていきましたし、腰が引けていた戦いではなかった様に見受けられました。

思い切りという点からすると、ウリーニョ選手とネイツ選手にそれぞれシュートがありましたが、相手を釣りだす、スクランブルを生み出すという狙いでは、サイドから入っていく谷澤選手や遥也選手などは、「途中で誰かが触っても」或いは「リバウンドよろしく」という狙いがあっても良かったように思います。

交代枠を一つ残してのドローとなりましたが、あれだけしっかりと守備を構築した栃木さんに対して、佑昌選手や隆行選手の投入が決め手になったかどうかは疑問ですし、最後のCKに繋がるシュートは勇人選手だったことを鑑みても、健太郎選手の投入は、メッセージの部分でドローOKと捉えかねられないことからしても、難しかったと思います。

昨シーズンと異なり、前線に小柄な選手が多い栃木さんにすれば、切り替えの部分からの素早い攻撃が狙いだったのでしょうし、その点からすると、それなりに相手の意図は抑えたと言えますし、逆に、そのベースを崩しきれなかった一戦と評価できるのではないでしょうか。

リプレイで見ると、ピッチもボールが走るような状態では無かった様ですし、陽気の良い、アウェイ13:00キックオフの根気比べのゲームと考えれば最低限の結果は残せたようにも考えます。

それだけに、こういう試合をモノにして自信に繋げて欲しかったとは思いますが、ハードワークで負けなかったという点を、どうやってこれからに繋げるかが肝要でしょう。

その意味で、そからをどう突き破るのかという課題が、一つはっきりとした対戦ではないかとも感じる管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する