犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 主体はどちらか[J1昇格プレーオフ準決勝:磐田vs山形@ヤマハ]

こんばんは

1-1で迎えた後半アディショナルタイム。石川選手のCKをGKの山岸選手がニアからファーサイドに流し込んでの決勝点。

山形さんが磐田さんを下して決勝へと駒を進めました。

勝ち越し点が劇的であったが故に、山形さんの勢いばかりをクローズアップしてしまいがちですが、チャンスは兎も角、磐田さんの2失点は共に八田選手の飛び出しての対応が嚆矢。

先制点は競り合いの中でのクリアミス、決勝点のCKへと繋がったプレイも放り込まれたロングボールの処理に難があった様に感じます。

尤も、そのCKにしても、直前のクリアはタッチラインに逃げる事は能わなかったか?という疑問も残りますから、この辺りは藤田選手がDFでの出場を強いられる事となったチーム事情含め、八田選手というよりは、連携含めた最終ラインの問題という事になるのでしょうか?


特に、ディエゴ選手が脚に違和感を訴えてピッチを退いて以降、山形さんの容が見えなかっただけに、磐田さんが勝ち越し点を逃した故の結果と表現するべきではないでしょうか?

プレーオフのレギュレーションは兎も角、トレーニングで準備をしていようがいまいが、CKにGKが攻撃参加するという状況自体がスクランブルである事は事実。

また、八田選手はニアのポスト近くに陣取りすぎていたようにも感じますし、磐田さんの守備陣も緊張を通り越して混乱していたとも考えられます。

シーズン6位の山形さん。当然、組し易い相手ではありませんし、何気ないボールをチャンスとしてしまう怖さを持ったチーム。

直近の天皇杯の結果も相俟って、JEFサポの皆さんが手強い相手と感じる事は自然だと思いますし、山岸選手の存在を意識するのも仕方がないのかも知れません。

しかし、表現を変えれば、準決勝でも磐田さんに1失点を喫している訳ですし、天皇杯準決勝、ターンオーバーで挑んだJEFはその山形さんから2得点を奪っている事も忘れてはなりません。


山形さんは確かに強い。でも、決してJEFが勝てない相手ではありません。

事実、敗れた磐田さんにしても山形さんの倍のシュートを放っています。

まず、その点を再確認して、週末に臨みたいと考える管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する