犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 半数の可能性[第94回天皇杯/準決勝:山形戦@ヤンマー]

こんばんは

【第94回天皇杯 準決勝 千葉 vs 山形】レポート:得意な得点パターンのゴールの奪い合いを制した山形がクラブ史上初の決勝進出。(14.11.27)(J's GOAL)
打ち合いの末、惜敗。

スコアからすれば惜敗ですが、失点はむしろ淡泊でした。

それだけに未だ悔しさも残りますが、最終ラインの半数に加え、中盤の要、楔。更にサイドの選手が変わっては、連携に劣るのは致し方の無いことでしょう。

それで尚、相手ゴールを幾度と無く脅かし、為す統べなく敗れた訳では無い事がチームとしての成長なのではないでしょうか。

無論、頭でそう考えようとしても、先発起用された戸島選手、遥也選手に阿道選手にはゴールして欲しかったという想いは捨てきれませんし、むしろ、何でもないスローインを決勝点に繋げた相手にはその怖さを思い知らされました。

しかし、敗戦とは雖も試合そのものは最後まで勝ち負けに至っていた訳ですし、監督交代を経て、この時期の悔しい敗戦であった事がシーズンの成果と受け止めています。


それだけに、サポの力をもう少し加えられたならば、とは考えてしまいますし、味スタで行われたもう一つの準決勝のカードを鑑みればなお、我々が大阪で対戦せざるを得なかった大会運営そのものに疑問を投げかけてしまいたくなりますが、それはまた別の観点の問題としておきましょう。

奇しくも、この対戦の勝者がJEFの今シーズン最終にして、最後の対戦相手と決まりました。

そのことに関しては、また改めたいと思います。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する