犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 敗者の立場[第94回天皇杯/準決勝:山形戦@ヤンマー]

こんばんは

現地に到着したのは選手紹介直前でしたが、関空からヤンマー迄の電車内で確認していたとはいえ、やはり、相手のスタメンには驚かされました。

確かに、ここまでもそういう戦い方をしていたらしいという事は存じておりましたが、殆どの方は週末の一戦を考えれば、ヴェテラン選手のコンディションを重視したメンバー構成になるのではないかと考えていたのではないでしょうか。


スターティングメンバーそれ自体が奇襲であったかのように、山形さんが先制。開始早々JEFは劣勢を強いられます。


その後、セットプレイで追いつくも、お返しのようにCKで突き放され、再びの同点劇からの展開も、カウンターから三度目の失点を喫すると、それを跳ね返せるだけの力はJEFには足りませんでした。

2-2とした後の勢いなどは完全にJEFでしたし、遥也選手、阿道選手、太亮選手、それぞれに惜しいシーンはありましたが、そこが今の力量という事でしょう。


ケンペス選手がベンチにすら名を連ねないメンバー表には驚かされましたが、讃岐戦での予想外の投入、再びのアクシデントを回避したかったでしょうし、居ればやはり使いたくなる、という事でしょうか。

何より、ここまでの天皇杯の勝ち上がりはリーグ戦で活躍の機会に恵まれなかった選手達の奮起あっての物でしたから、ピッチ上のメンバーを腐すつもりはありません。


ただ、連携はじめ、色々なものが足りないように映った試合でもありました。

しかし、決勝点以外の彼我のゴールは「あ、決まった…」という印象だった故に、掴み取って欲しかったのもまた事実です。


結果は兎も角、行かないと後悔すると思って現地入りした管理人ですが、それでも初の天皇杯ファイナリストとしてのJEFが見られなかった事は残念でなりません。

その意味では哀しさも怒りもなく、ただただ悔しかった。

プレーオフ決勝を引き出すまでもなく、一発勝負の敗者の立場を痛感させられました。


それでも、強行スケジュールで現地に集った事が無駄だったとは考えていませんし、その判断に後悔もない管理人です。

ヤンマーに集った皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する