犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 兎にも角にも、最終節[J2第42節:A/讃岐戦@丸亀]

こんばんは

いよいよ決着。J1昇格プレーオフ出場権はどのチームに(J公式)
【J2:第42節 讃岐 vs 千葉】プレビュー:リーグ戦後も試合を控える両チーム。チーム力で相手の強みを消し、流れをつかみたい讃岐。対する千葉は守りでのスピードアップと対応が求められる。(14.11.22)(J's GOAL)
プレビュー

[千葉]昨季もプレーオフに導くゴールを決めた兵働。「自分たちがいまやっていることを出すことが重要」(BLOGOLA)
[千葉]フル出場を続ける中村太亮が最終節に向けて熱く燃える(BLOGOLA)
[讃岐]リーグ戦最終節・千葉戦は入れ替え戦に向けて大切な試合(BLOGOLA)


遂にプレーオフ出場クラブは決まらずに迎える最終節。

JEFは、入れ替え戦への参加が既に決定している讃岐さんとアウェイでの対戦。


勝たねばならないという状況が続いたからか、讃岐さんのは前へ・得点へ、というシーンも散見されましたし、実際に前節の失点なども、得点を狙ってのセットプレーが精度を欠いたところに、カウンターからの独走を許してのものでした。

入れ替え戦で、負けない戦いを目指すのか、あくまでも勝利に拘るのか、という考え方の違いで、攻守の意識の比重が大分変化するはずですし、1試合とはいえ、公式戦にその辺りの変化が影響しないとは考えにくいと思います。


いずれにせよ、大幅な布陣の変更は考えにくいですし、警戒すべき第一番手は、やはり、アンドレア選手。

1対1で止め切れるかどうかというフィジカルに加え、左右に自在に流れてのキープからのクロスやパスはやはり失点が止まらない、このところのJEFにとっては脅威。

リザーブス出身という自身のキャリアを考えても、モチベーション高くJEFに向ってくる筈です。

また、ピッチ上に疲労が見られる終盤に投入されるであろう木島選手もまた要注意でしょう。

こちらは、とにかく前へ、前へというプレイを選択しますし、常にゴール目掛けてプレイしてくる選手。技量でなく、気概でゴールを脅かすタイプの選手と言えるのではないでしょうか。


他方、JEFもまた戦い方をある程度考えて臨む一戦となりそうです。

プレーオフ進出を鑑みれば、前掛りになりすぎる事での失点は禁物ですが、フクアリでの準決勝開催には勝利がかなりの比重を占めます。

とは言え、攻めるしかないビハインドの状況ならば兎も角、終盤でリードしている際、前節のような撃ち合いに持ち込まれる事は避けねばなりませんし、イーブンならば、状況次第で、無理を避ける選択をせざるを得なくなるかも知れません。

また、太亮選手・智選手が累積での出場停止を遂に避けられた事は好材料でしょう。


如何せん、全会場が同時キックオフの最終節。

競合チームの動向含め、刻一刻と変化する状況にピッチがタイムリーに順応出来るとも考えられません。


そこで、ドタバタと慌てないだけの精神的な成長を見せてほしいと願います。


先の事を考えるのはタイムアップからで十分。

まずはしっかりとこの一戦に勝利して最終節を締め括ることが重要だと考える管理人です。

さて、久々のような気もしますが、最終節の管理人はスカパー!観戦。

既に現地入りされている方も多いようですが、丸亀に向かう皆さん、よろしくお願いします!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する