犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 出来ない事、出来ている事(4位)[J2第41節:H/富山戦@フクアリ]

こんばんは

千葉、山形がJ1昇格プレーオフ出場圏を堅持。大分も望み(J公式)
【J2:第41節 千葉 vs 富山】レポート:富山が狙い通りに先制点を奪うも、千葉がストライカー2人の連続得点で逆転勝利(14.11.16)(J's GOAL)
望みをつなぐ逆転勝利

JEFのキックオフで始まる事を確認し「また取れなかったのか」と感じたキックオフでしたが、今回に関してはそれが幸いしたようにも感じた試合展開でした。

先制点となった失点やあわやの2点目のセーブなどへの裏への対応もさることながら、スコアレスで終わった前半にボールを受けに斜めに入ってくる選手を捕まえ切れていないシーンが多かった事が気になります。

先制されている試合が続く点を問題視するのか、磐田戦、松本戦以外は勝てている事実をポジティブに捉えるのか、という部分では見解も異なるのでしょうが、プレイスキックを直接叩き込んだり、単騎駆けで得点を奪える選手が居ないEFですから、もう、そこに関しては諸刃の剣であると割り切るしかないのでしょうか?

無論、攻撃面に関しても、森本選手がサイドに流れてという展開がそれなりに見受けられますから、そこから先のアイデアなり約束事なりも気になっているところではあります。(大分戦の先制点のようなシーンはあまり期待できるものでは無いでしょうから…)


さて、この試合に関しては、逆転後、攻め合いになってしまった理由が気になります。

富山さんの試合の進め方に乗せられてしまったのか、それとも「あわよくば」では無く、チームとして追加点を狙いたかった上での展開なのか。

リードで終盤を迎えた際、個人的には守り切るオプションも欲しいとは思いますが、現状からすると、相手陣内で時間を使う、までが今シーズンの現実的な目標なのかな、という気がしないでもありません。

それは守備陣の課題以上に、個人で相手ペナルティエリアまで独力の突破で相手を脅かせる選手の不在という観点で、ですが。

タイプはそれぞれ違えど、キープは出来てもケンペス選手や谷澤選手にはそこまでのスピードはありませんし、森本選手はDFとの駆け引きで活きる選手。

遥也選手にしても也真人選手にしても、ファウル覚悟のチャージに耐えうるだけの体躯はありませんし、期待できるとすれば、幸野選手や山中選手でしょうが、共にピッチに立っているかどうかに関しては疑問符が付いてしまいます。

こう連ねると「課題ばかり」とも言えるのかも知れませんが、逆に言えば、勝ち点差を鑑みて、それを結実できたのは湘南さん、松本さんの2チームのみ、という事もまた事実でしょう。

それでも、現在のチームに関して期待を抱くのは、やはり「得点を奪えている」という結果。

兎にも角にも「奪う」という意思を結果として残してはいる訳で、それ自分達のロジックだけで説明が出来なくとも、結果は看過すべきでは無いと感じます。

セレモニーの監督の言葉を体現するのは無論チームですが、そのための後押しは我々でもできるはず。

そう考えながら、最終節の勝利を願う管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する