犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 遅すぎた得点(5位)[J2第38節:A/群馬戦@正田スタ]

こんばんは

堅いし、固い。

そう感じたハーフタイム。

前者は相手の守備に対してであり、後者はJEFの動きに関して。


得点が動いたのはCK。太亮選手をすり抜けて放たれた孝太選手のヘッダーに対しての智選手のクリアは空しくネットを揺らす事となり、相手のゲームプラン通りの展開。

その後、引き籠ったのか、出て来れなかったのかは解りませんが、時間の経過と反比例するように群馬さんはハーフウェイラインを超える回数が少なくなりました。

結果論かも知れませんが、揺さぶりの遥也選手、シュータのケンペス選手、ミドルレンジの兵働選手という3選手の投入の順番には監督なりのシナリオがあった様にも感じます。

張り付いた相手に対して、ミドルレンジのパスやシュートに加え、クロスを送るJEFですが、相手の枚数と必至のDFを上回る事は出来ず、ビハインドのまま試合は最終盤へと突入。

最初の歓喜は中央。パスに対して、体を投げ出すように落とした谷澤選手のリターン。縦の関係のワンツーを作ったケンペス選手が放ったシュートで、まずは同点。

その後、攻勢を強めるJEF。迎えたアディショナルタイム、ケンペス選手のトラップが大きく流れながらもシュート性のボールをゴール方向に蹴りこむと、森本選手の手前で相手DFがオウンゴール。

有り得ない方向に動いたボールから、オウンゴールではないかとは思っていましたが、既にゴール裏は誰のゴールかは気にしていないお祭り騒ぎ。

フルタイムでの逆転劇でアウェイ群馬戦はタイムアップを迎えました。

現地では大興奮でしたが、監督のゲームプランからすると、もう少し早い段階で少なくともタイスコアに持ち込みたかった試合ではなかったのかとも考えます。

それでも朝寝坊をして、サポ友さんとの現地入りを諦めた管理人からすると、素晴らしい勝利でした。

正田スタに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する