犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • ただ、ただ、歓喜[第94回天皇杯/3回戦:柏戦@柏]

こんばんは

ガラリと切り替えたメンバーを知った時には「試合になるのか?」と些か心配になりましたが、全くの杞憂。

メンバー表では3バックのように思われたDF陣も竹内選手が右SB、祥選手が左SBに配され、実際には4バックでしたし、攻め込まれた際には両SHが落ちて来て最終ラインは6枚。

バイタルには田代・ナムというフィジカルに見劣りしない両選手を配した事で、劣勢前提の布陣は十分に機能したと思います。


恐らくは狙い通りの前半。押し込まれつつもゴールマウスだけは揺らせなかった後半。

そのためのターンオーバーだと言わんばかりに延長戦に突入。


最初の歓喜はJEF。

途中投入で中央に配された遥也選手からのパスが嚆矢となり、山中選手の右足のクロスに合わせたのは、これまた途中投入でJEFサポにポテンシャルを感じさせていた阿道選手。

なんと、J3リーグを飛び越して、高卒ルーキーながら、J1クラブ相手のプロキャリア初得点。

湧き上がるピッチ、意気上がるスタンド。


リードを奪った以上、そのまま試合を終えたいJEF。その後は、オフサイドに救われたり、ギリギリで凌いだりしていましたが、必至の守備も実らず、遂には同点弾を浴びてしまいます。


結果的にその後にスコアは動かず、決着はPK戦へ。

相手の一人目、此方の二人目が外した以外は、ゴールネットが揺れ続け、決着は1本目を外した也真人選手のPK成功。


アウェイ柏の地で、歓喜はJEFに生まれました。

平日のナイトゲーム。暑さは厳しかったですが、試合はもっと熱かったように感じます。

昇格への勝ち点には何の変化も与えない勝利ですが、それでも、この一戦で得た自信と期待はこれ以上に無く大きいように思われます。


柏の地に集った皆さん。おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する