犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 逆転勝利は久しぶり?[第94回天皇杯/2回戦:長野戦@フクアリ]

こんばんは

前半終了時点ではどうなることかと思われた試合でしたが、終わってみれば90分での逆転勝利。

カテゴリとしてもチーム事情からも「勝たねばならない」という状況で結果を残せた事に安堵と喜びを覚えます。


まぁ、幸先良く先制したにも関わらず、自陣付近での自覚のないパス交換を突かれての失点や、セットプレイのリバウンドを詰められての逆転弾被弾は庇う事も困難ですが、着地で足首を悼めた智選手が治療でピッチの外に退いた中での同点弾は、今までにない光景だったように感じます。

また、負傷交代を強いられた智選手に代えて、遥也選手を投入した事が監督のスタンスだったのでしょうか?

このシーン、単純に枚数合わせで竹内選手を投入するよりは、攻める意志を失わないために佑昌選手を一列下げるほうが良いと思われましたし、ビルドアップの観点で遥也選手がファーストチョイスだとも考えていました。


そして、投入された遥也選手は攻撃時にはポジションに固執せずにあちらこちらに顔を見せていましたし、翔平選手と左右のポジションを入替えたりもしていました。


さて、再逆転はケンペス選手のボール奪取からのカウンター。森本選手が見事なミドルを突き刺しました。

JEFはこの直後の接触で脚を痛めた兵働選手に代えて勇人選手を投入。


更に、攻撃の枚数を掛けてくる長野さんに対して、2得点を挙げた森本選手を下げ、彬選手を投入。

この辺りは、守備固めというよりは遥也選手や勇人選手を投入した高さを補う意図の方が強かったのでしょうか?


結局、この後スコアは動かずにタイムアップ。

関塚監督の初采配を勝利で終えました。

スコア以外の部分ではまだまだ不安が多いシーンも散見されましたが、前回大会の台風の目をどうにか撃破。


フクアリに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する