犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 色付けと上積みと勝負強さと

こんばんは

関塚 隆監督の就任について
関塚監督就任会見レポート

[千葉]就任会見に臨んだ関塚隆新監督「全身全霊を込めて頑張っていきたい」(BLOGOLA)

朝に第一報が出て、夕には内定発表。

情報管理に関しては漸く一般法人並みのレベルに達したと喜ぶ一方で、人選に関しては複雑な想いがあります。

J1で対戦していたころの川崎さんの戦績からすれば、当然、その手腕に期待したいところですが、スタイルとしては現在のJEFとあまりにも戦い方が異なります。

五輪監督という肩書に関しても、ベスト4という戦績は兎も角、選手選考に関してはほぼフリーハンドであったでしょうし、国としての実力差は兎も角として、見方を変えれば大会を連敗で終えたチームという捉え方も可能です。これをプレーオフに置き換えたなら、どういう結果になるかは明白。

また、昨シーズンの磐田さんを途中から引き受けながら、遂には降格を免れ得なかった訳で、そもそもこの人事に即効性が期待できるのかどうかという点も気がかりです。

更には、鈴木前監督就任以前、オフのオファーに関して断りを入れられている事実も忘れられません。

逆に言えば、その後の磐田さんでの失敗が無ければ、再オファーを受けてくれたかどうかも解らなかったとは考えられますが…。


無論、我々の監督ですから、応援も支援も放棄することはありませんが、私としては、なぜ関塚監督に拘ったのかという理由をピッチで探すことになりそうです。
関塚さんからはどうしても川崎さんとの肉弾戦の記憶が想い起され、様々な考えが頭の中で交錯しています。

それでも、2年越しのオファーを行うほどの手腕には期待を抱きますし、何よりも、足りなかったピースを補完してくれる事を臨みます。


最終的な今シーズンの成績も気にはなりますが、舵取りを任せたからには、ノルマが今シーズンでの昇格でない事を願う管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する