犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • もがいてあがいて(13位)[J2第20節:H/松本戦@フクアリ]

こんばんは

福岡が栃木を下して5位へ浮上。首位湘南は北九州を寄せ付けず(J公式)
【J2:第20節 千葉 vs 松本】レポート:試合開始早々のPKの1点でフクアリ初勝利の松本。千葉はフィニッシュの場面での精度不足が悔やまれる敗戦。(14.06.29)(J's GOAL)
「プラン」を崩され、手痛い連敗

悔しい敗戦ではありましたが、やりたい事の鬩ぎ合いが随所に見られました。

面白みに欠ける試合ではなかったと感じたのは私だけでしょうか?


リプレイでもカメラの角度から掴んだのか、掛ったのかは解りませんし、判定も結果もは覆りませんが、この失点でゴールを目指さざるを得なくなった状況のJEFの戦い方は、ボールを廻しながらポイントに楔を打ち込むような、登山ルートの開拓のようなボール回しであったと思います。

残念ながら、高い中央の壁を超えることはありませんでしたが、それでも数度のビッグチャンスを迎えられた事を考えれば、酷評を行うほどの出来ではなかった様に感じました。

無論、そこが足りないからこその指揮官交代ではあったのでしょうが、そこでの厳しさをベースキャンプの指揮官だけに求めるのも酷ではないかと考えます。

特に、体力勝負に傾きかけた後半、佑昌選手、森本選手の投入までは「行けるのではないかか」と感じるに十分な試合展開だったように映りました。

残念ながら、田代選手の投入以降は単なる蹴り合いで相手に時間を使われる結果となってしまいましたが…。

途中加入選手が発表された訳でもありませんし、船頭が変わったからと言ってチームに大きな変化があるとは考えていませんでしたが、それでもボールの運び方やチームとしての攻め方のディテールに関しては違いがあったと感じます。

守備に大きな課題があって大量失点を続けているようなチーム状態であればドラスティックな変化も必要でしょうが、課題が得点力という事であるが故に、むしろ、暫定監督がここでいきなり布陣変更を行わなかった点を個人的には評価している管理人です。


発表のあった後任人事に関しては、まだ整理もできていませんので、改めたいと思います。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する