犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

鈴木淳監督の契約解除について
【練習後コメント】斉藤監督代行「あと一歩がなかなか詰められない状況だった」、谷澤、岡本、中村、山口智、町田(取材:片村光博)(4,880文字)2014/06/24(犬の生活)
[千葉]鈴木淳監督契約解除。選手たちの反応は…(BLOGOLA)

あっておかしくない成績ではありますが、それでも晴天の霹靂と感じた方は多かったのではないでしょうか?

当時、「穴埋め」と評しましたが、このオフにフロントは得点力のあるボランチという監督の要望に応えられなかったばかりか、昨シーズンの主力である両SBを繋ぎとめることができませんでした。

太亮選手の加入により、左SBではクロスという武器が補えましたが、右SBに関しては迷走と表現せざるを得ないスタメン起用が続きました。

そのポジション、結局は大岩選手で固定された訳ですが、そこに至る遠因は、クラブとしての2番の起用法に関してある種のオーダーがあったのではないかと考えています。


逆に言うと、その縛りさえなければ、キム選手の復帰早々、大岩選手を右SBとして起用することが有得たのではないでしょうか?


また、主将を務めた慶選手が負傷のために長期離脱したことにより、フォアプレスから得点を狙うという戦い方の構想をリセットし、兵働選手と健太郎選手を並べる布陣変更がようやく基本布陣となっての解任。

それ故に、あと一歩が遠かったとしても、それはこのチームが抱える持病のようなものですから、5月無敗の戦績からしても、このタイミングでの決断に関しては、驚きしかありませんでした。


真っ向勝負で臨んだ湘南戦はじめ、選手起用や交代に関しては疑問符が残る事も多かったですが、基本スタンスは「任せる」監督だったのかな、と思います。

その意味で言えば、指導者としての技量が前任者に劣って見えたとしても、クラブのオーダーや「江尻塾」からの積極的な若手起用などは、責任者としての覚悟は決して劣るものだったとは考えられません。
勝っても負けても淡々とインタビューに答えていた鈴木監督。

もう少しだけ、自分の進退含め、周りの視線を気にして欲しかったと考える管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する