犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 継続と変化と(8位)[J2第18節:H/京都戦@フクアリ]

こんばんは

ケンペスの活躍で千葉が京都に勝利。北九州は松本に競り勝つ(J公式)
【J2:第18節 千葉 vs 京都】レポート:攻めきる姿勢を見せた千葉が京都のミスにつけこんで3ゴール。京都はパスの出所を抑えられたのが響いて敗れる(14.06.15)(J's GOAL)
試合日程・結果

予想通りスタメンに変化なく臨んだ京都戦。

悪くないというよりはチャンスがあっただけに、前半の内容で得点が奪えなかった事で、後半の入りは本当に心配しました。

リザルトだけを眺めれば、得点の経過だけならば先制・中押し・ダメ押しという理想の流れですが、それでも先制直後の岡本選手のビッグセーブ、左サイドからの鋭いボールに飛び込んできた大黒選手がしっかりとミートしていたならばと考えると、安心して試合を見ることができた時間はさほど無かったように思います。

試合後のコメントなどからは、選手達には些か余裕があったのかも知れませんが、追いつかれると突然慌てだす姿を何度も見ている側からすると、60分辺りからの20分は本当に心配することしきりでした。

千葉:『10番』の左足と視野(J's GOAL)

その意味で待望の2点目を齎した兵働選手のお立ち台に異論がある訳ではありませんが、2得点無警告でこの試合を終えたケンペス選手がFromAQUAMVPであってもおかしくはなかった様にも感じました。

特に、試合終盤、両チームの選手が疲労の度合いを強めていく中で存在感を増していった姿は、力強かったですが、それを生んだそこまでの運動量を考えました。

一方で、太亮選手は勝利後のでんぐりでは自分で立つのが億劫なほどでしたし、60分プレイヤーであった兵働選手もほぼフルタイムの出場を続けています。また、得点は無かったものの、最後まで髪を振乱してフォアチェックを続ける翔平選手の姿に頼もしさを感じたことも事実です。


バドゥ監督の契約について(京都さん公式)

そして、結果として、この試合の結果がバドゥ監督に引導を渡す事に。

後任は昨シーズン途中まで磐田さんを率いた森下監督。

意外なほど長いボールを多用したスタイルからどのような変化が見られるのかは、興味深くもあり、今から次回の対戦時にはどのようなチームになっているのかが些か怖くもあります。


些か残念であったのはジャッジと警告。

前半は京都さん、後半はJEFにそれぞれ納得のいかない警告が生まれてしまいました。

谷澤選手にスライディングに入った山瀬選手の脚はしっかりとボールを捉えていましたし、ヒョヌン選手に警告を出すのであれば、先に手を出した相手にも出されてしかるべきだと感じた管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する