犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • バイパス(11位)[J2第17節:A/福岡戦@レベスタ]

こんばんは

岡山と松本の上位対決は両者譲らずドロー。磐田が再び2位浮上(J公式)
【J2:第17節 福岡 vs 千葉】レポート:アグレッシブさと粘り強さで手に入れた勝利。チーム、そしてスタジアム一丸で戦った福岡が千葉を下す。(14.06.08)(J's GOAL)
試合日程・結果

試合開始直後の谷澤選手の突破からのシュートが決まっていれば、或はペナルティエリアに侵入した太亮選手が倒れずに撃ち切れていれば、という様に、試合の入りは悪くなかった様に思います。

しかし、時間の経過に伴って相手のペースに引き込まれると、中盤の右サイドのスペースが気になりだします。

その右サイドからのアーリークロスに合せた福岡さんの先制は、そこだけを見れば単純な失点のように映りますが、ミスマッチを修正する前に生まれたようにも感じました。

その後も福岡さんペースでしたが、後半、古賀選手が自身のイージーミスから山中選手を引き倒しての退場。

しかし、相手がなりふり構わず守り切りに入ったという側面はあるでしょうが、その後の試合運びなを含め、逆転はおろか同点にする事も能わず。6月緒戦を敗戦で終えました。

前半の内容から佑昌選手の起用が無かった事は意外でしたが、大岩選手を下げてまで繋ぎを目指したことはそれ以上に驚きました。

そもそものチームの体格差からパワープレイを採らなかったのか、あくまでもスタイルを貫いたのかは解りませんが、少なくともシュートチャンスがあった事は事実ですから、どちらが正解というよりはCF以外のシュート意識を高める事が課題となるのでしょうか。

逆に言えば、ケンペス選手が終盤の大チャンスを逃したり、途中投入された森本選手の存在感が殆ど感じられなかったりと、やはり現状の得点パターンは中央のフィニッシャーの占める割合がかなり大きいのだとも感じました。
出場する度に警告を受けるケンペス選手の姿に、それ以外の得点パターンを期待する管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する