犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 3歩進んで2歩下がる(11位)[J2第17節:A/福岡戦@レベスタ]

こんばんは

落ち着かない展開ながら、それなりに悪くない試合の入りであったように感じますが、ホームゲームながら、内容をある程度放棄した相手の術中に嵌ってしまったような試合だったでしょうか。

問題となったシーン、古賀選手の振舞いは褒められたものではありませんが、ケンペス選手にしても、事実として蹴られているのであれば、激昂することなく、もっと痛みを主張してもよかったように思います。

時間の経過と共に、蹴り合い、走り合い、ぶつかり合いになってしまった展開そのものは残念でしたが、遥也選手と兵働選手の距離感が悪く見受けられた右サイドからの失点に関しては、偶然や不運で片づけられるものではないでしょう。

試合を通じていくつかのチャンスを決めていれば、とも考えられますが、結局のところ、間を取ったり、隙を突くような目指す戦いが出来なかったともいえる内容でもありました。


古賀選手の退場後、大岩選手を下げる采配に関して疑問は残りますが、それでも平面で崩すのだというメッセージは観て取れました。

残念ながら、それを体現できたシーンは多くなかった訳で、そこは横浜FC戦と同様のチームとしての課題と言えるのでしょう。

他方、2TOPに加え、最終ラインを上げて、佑昌選手の運動量に期待する戦い方もあったのでしょうが、守備の、というよりもチームの要を失った福岡さんのなりふり構わない守備網を破ることができたかというのは結果論であったようにも思います。

事実、ビッグチャンスが無かった訳ではありませんし、シュートの為に、ゴールのために崩すのだ、という意図の問題に関しては、この試合だけではありません。


負けたからダメと突き放して考えるのでなく、そのために遥也選手や也真人選手、翔平選手が次に何を見せてくれるのかを期待したい管理人です。
レベスタに集われた皆さん、お疲れ様でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する