犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 5%(8位)[J2第16節:H/愛媛戦@フクアリ]

こんばんは

松本が2位浮上。上位対決は磐田と岡山が勝点1を分け合う(J公式)
【J2:第16節 千葉 vs 愛媛】レポート:攻守に距離感よく戦えた千葉が決定力不足の課題を残しながらも勝利。スライドして守れなかった愛媛はクラブ初の4連勝は達成できず。(14.06.01)(J's GOAL)
試合日程・結果

愛媛さん相手という事で、ドリンク表示に例えてみると、シュート決定率は5%(1/20)

ここまで一方的な展開になると、やはり追加点が奪えないという事をクローズアップしたくなりますが、まずは、枠に飛ばせるようになった、という点を評価する事も大事なのかな、という気もします。

それだけ児玉選手の存在が大きかったとも言えますが、JEFとすると、シュートの精度やその後のリバウンドへの対応を考えていくという事になるのでしょうか?

それでもシュートに至れなかった前節を考えるならば、改善の兆しは十分に見て取れました。

あとは、誰が出ても、という点になるのでしょうが、やはり、中央で相手を一人は引きつけられるアタッカーの必要性は感じます。

そこに関しては、今節、オナイウ選手がベンチ入りし、森本選手の復帰も近いようですから、タイプが違うとはいえ、中央のプランのバリエーションでの対応を求めて行く事になるのではないでしょうか。

[千葉]失点減に一役買っている右SB大岩一貴「いまは新鮮さが良い感じになっている」(BLOGOLA)

他方、守備面に関しては、結果的に無失点というよりは、きちんと守れていたように感じますから、マッチデーJリーグでもインタビューを受けていた大岩選手の想いは兎も角として、最終ラインの顔ぶれは現状維持となるように思われます。


確かに、前節の湘南戦で愛媛さんが心身共に消耗を強いられた影響はあったのでしょうが、まずはそういう相手にきちんと勝てたことを含め、自信と自負は自分達で作り上げていくしかない訳ですから、前向きに捉えて良いのではないかと考えます。

日中の酷暑を避けられた19:00キックオフという恩恵もあったのでしょうが、3枚のカードが全て2列目の選手であったことは素晴らしいと思います。

ゴールと同様のペースで警告を受けるケンペス選手には少々不満と不安も残りますが、フルタイム出場の兵働選手の動きも含め、SBで交代枠を使う必要がなくなった「容」に期待を抱く管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する