犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 良くも悪くも(12位)[J2第15節:A/横浜FC戦@ニッパツ]

こんばんは。またまた御無沙汰になってしまいました。

愛媛が湘南の快進撃をストップ。上位対決は松本が競り勝つ(J公式)
【J2:第15節 横浜FC vs 千葉】レポート:静の前半から動の後半へ。横浜FCがペースチェンジに成功するが、トンネル脱出のゴールは奪えずスコアレスドロー。(14.05.25)(J's GOAL)
試合結果

前線に町田選手を配して臨んだ一戦ですが、残念ながらゴールネットどころかシュートに至るシーンが多くありませんでした。

では佑昌選手の起用ならどうだったろうか?という考えも浮かびますが、そうなるとお互いに裏を狙う一本調子の攻撃を繰り返してしまい、暑さの中でチーム全体の体力が奪われたのではないだろうかとも思われます。

確かに中央での決め手が無かったと考えられますが、ケンペス選手の代役を務めるはずの森本選手が負傷では、中央に強さを求めることが難しい訳ですから、裏を狙うための前提も大分違っていたはずでしょうし。

また、このところサイドで活きている谷澤選手を中央に配する事もボールの運びやタメに関してリスクがあったはずで、結局、落ち着くところに落ち着いたという布陣だったようにも感じます。

選手コメントにもあるように、ミドルに活路を見出したかった面もありますが、それが一番チャンスに感じられたのはキム選手のミドルという状況ですから、繋ぎで崩す事を前面に押し出しているチームとしての方針からしても、闇雲にシュートを放てる訳でも無いと思います。

また、クロスが殆ど通らなかったように、相手もしっかりと中央は閉めていたこともあって、結果的にはケンペス選手不在の印象ばかりが強くなってしまいました。

他方、守備面ではミスやイレギュラーな形でのボールロストに始まった相手の攻撃に対して、しっかりと最後まで付いていくなど、最終ラインの対応は悪くなかった様に思います。(何度か見られた智選手のミスなどには肝を冷やしましたが…)

また、アウェイ13:00開始という状況の中で体力的に何とか互角に戦えたわけですから、その点は評価して良いのでないでしょうか?(逆に言えば、そこで試合を決められるスーパーサブが不在であったとも言えるのかも知れませんが…)
その一方で、途中出場のナム選手は投入直後に続いた大きなミスが象徴するように、中盤の底としては殆ど良い所が無かったので、もう一列前だったらどうだったのであろうかという想いも残りますが、プレッシャーがきつくない中でのプレイがああであっては、前で活きたかどうかにも疑問は多分に残ります。


むしろ、彼をあのポジションで試すチーム事情のほうが気掛かりではあるの管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する