犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 萌芽(11位)[J2第14節:H/札幌戦@フクアリ]

こんばんは

湘南がJ2タイ記録の14連勝を達成。福岡も守備で大健闘(J公式)
【J2:第14節 千葉 vs 札幌】レポート:攻守ともに選手の距離感が良かった千葉が『俺たちのフクアリ』で難敵の札幌に勝利。(14.05.19)
試合結果

CBとして競り合いに強さを見せたキム選手、試合終盤まで交代の必要性を感じさせなかった大岩選手。

最終ラインの落ち着きが中盤を活性化させたのか、中盤が良かったから最終ラインも落ち着いたのかは解りませんが、試合を通じて「やられた」というシーンは片手の指ほどもなかったように感じます。

それでも、前田選手との間合いが甘いシーンではスペースめがけてあわやというボールを送り込まれていましたが、その前田選手に対しては時によっては3人が囲い込むなど、自由にさせない意識は高かったように見受けられました。

全体的な感想からすれば、合格点なのですが、やはり、ゴール前での厳しさを考えると、胸を張って前を向く兆しが見えた、という表現が正しいでしょうか?

1対1を止められて試合を決めきれなかったケンペス選手、佑昌選手もそうですし、動き出しまでは素晴らしいながらもチャンスをものにできなかった翔平選手も同様かも知れません。

得点を挙げた遥也選手にしても得点シーン以外では判断に課題が見られましたし、内容からすれば諸手を挙げて勝利だけを喜べる結果ではなかった様にも感じます。
それでも、既存メンバーでの遣り繰りの中、難敵を下しての勝利には価値があると感じます。

そういう選手起用を行ったのは誰なのか、改めてそこを考えたいと思う管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する