犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 遥かなるもの(14位)[J2第9節:H/讃岐戦@フクアリ]

こんばんは

湘南が開幕9連勝の新記録。「バトル オブ 九州」は譲らず(J公式)
【J2:第9節 千葉 vs 讃岐】レポート:千葉の隙を突いた縦に速い攻撃で2試合連続の引き分けに持ちこんだ讃岐。千葉は2試合連続で『2点目』を取れずに追いつかれる。(14.04.27)(J's GOAL)
試合結果

今までとは異なったメンバー構成で臨んだ讃岐戦。

先行きが不安になる試合開始直後でしたから、その時点から考えれば引き分けでも、と考えられなくもないですが、それではあまりにも及第点を低く見てしまっているでしょう。

見ていて特に気になったのは前半の智選手の低調ぶり。

競り合いやクリアならばまだしも、パスミスやお見合い等でのボールロストには心配を通り越して落胆してしまうほどでした。

また、勇人選手と兵働選手の関係や、ケンペス選手の出来など、システム変更を行った影響もあってか、センターラインの出来も悪かったと思います。


シンプルに狙うはずがかえってピッチ上に混乱をきたしていた部分があったのかも知れませんが、最終ラインでのボール回しを含め、パスはかなり危なっかしく見ていました。


無論、得点を演出した兵働選手のサイドチェンジなど、見るべき点が無かった訳ではありませんでしたが、割り切りや開き直りといった姿勢には乏しかった様に思います。

また、ケンペス選手はシュート精度だけでなく、球離れの悪さから見えていなさが見て取れましたし、明らかに「良くない」日である事が見て取れました。

一方で、セットプレイに関しては、序盤は相手の3番の動きををまったく封じられず、また、自分達にもあれだけのチャンスがありながら得点に結びつけられなかった事にも大きな課題が残ってしまいました。
自負も自信もまずは結果あればこそ。


終盤、押せ押せの展開のフクアリの雰囲気は「勝たせよう」という想いがひしひしと伝わってきていたただけに、勝利出来なかった事ばかりが重く圧し掛かります。


チーム状況からすると、雪解けにも夜明けにもならずに終わってしまった事を残念に思う管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する