犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 掴んだ「1」(13位)[J2第3節:A/東京V戦@味スタ]

こんばんは


松本と長崎は勝点1を分け合う結果に。湘南は唯一の3連勝(J公式)
【J2:第3節 東京V vs 千葉】レポート:土壇場で追いつく千葉の勝負強さの前に、東京Vはまたしても初勝利ならず。(14.03.17)(J's GOAL)
試合結果

同点弾に下を向く東京Vさんの選手の姿、その後押せ押せとなったJEFの攻撃に関して、やはりメンタルが大いに影響する競技だという事を改めて感じました。


体力を消費させて何とか終盤に盛り返しを見せたと評価できるか否か、という結果。

得点以前にボールを前に運べない程の状況でしたから、二枚替えというより谷澤選手が準備した段階で、呼吸が合わない也真人選手との交代である事は想像に難く無かったですし、そうすれば森本選手に代えてケンペス選手を投入する事も、ある程度納得できました。

兵働選手が入る事でピッチを去ったのが健太郎選手でなく慶選手であった事の意図はあまり掴めませんでしたが、カバーの意識の問題でしょうか?

ともあれ、アウェイの地で90分に同点弾を得られた事は前向きにとらえたいと思います。

[千葉]東京V戦で同点弾の山口智「自分たちのできることは決まっている。それを常に1日1日求めてやっていくことで変わっていく」(BLOGOLA)

後5分得点が早ければと思う反面、それでも最後のプレーの1つ前には大ピンチを迎えましたし、「負けずに良かった」というところに落ち着くような気がします。


殊勲のクロスの大亮選手にしても、もう少し攻撃参加が欲しいですし、竹内選手に関しては、それ以前にフリーでのボールの精度を求めたいところ。

それらを活かすための中盤の繋ぎや展開含め、まだまだ課題は山積と言ったところでしょうか。
智選手だけでなく、各選手のコメントなどから感じる事は、まだまだ、個々の選手が描いているものがさほど共有されている訳では無いという事でしょうか。

それでも、下手にまとまるよりは、競い合い、鬩ぎ合ってのステップアップを図ってほしいと考える管理人です
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する