犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 最下位からの脱出(13位)[J2第2節:H/岡山戦@フクアリ]

こんばんは

攻守に充実の岐阜が2連勝。湘南、水戸、松本も連勝発進(J公式)
【J2:第2節 千葉 vs 岡山】レポート:攻守が改善傾向の千葉はスーパーミドルのゴールで今季初勝利。その一発に泣いた岡山は攻撃のレベルアップへ我慢の時期が続く。(14.03.10)(J's GOAL)
試合結果

開始5分で放たれたシュートは3本。

今までとは打って変わったような姿勢に精度は兎も角、姿勢や気概は感じました。


前節が嘘の様な戦いぶりを見せたJEFですが、その要因は岡山さんの戦い方が大きかったように見えました。

J2の対戦では中々見ないほどにお互いのラインは高く設定されていましたし、栃木戦同様にいつかは突かれるであろうと考えられた右SBの裏を使われる事も殆どありませんでした。

また、ロングボールを殆ど使わずに中盤での勝負となった事、相手のメンバーに体格で勝負する選手が居なかった事も幸いしたと思います。

幾分優勢に試合を進めるものの、得点を奪うことが出来ないJEFは彬選手を準備。

「3バックか!?」という考えも頭に過る間もなく、4番に代わった3番はそのまま右SBのポジションへ。

均衡した試合での最終ラインの交代には驚きましたが、積極的な前への姿勢は攻撃のメッセージ十分だったと思います。


その後、タッチラインに立つ兵働選手の姿に、管理人は「勝ちたいならば健太郎選手との交代」と考えていました。

そのまま兵働選手が健太郎選手のポジションに入った直後、彬選手のインターセプトから始まった攻撃で、山中選手のミドルシュートがゴールネットを揺らします。

試合を通じてボールに絡むために動き回っていた也真人選手、終盤には脚をつっていた影響もあってか危ういミスも事無きを得ると、勇人選手を投入して、タイムアップ。

久しぶりの勝利をフクアリで掴みました。


[千葉]エル・ゴラッソ選定J2週間MVP・山口慶「みんなが『お前だぞ』と」(BLOGOLA)

13番は選手紹介時の「ゴルゴ」さながら、相手のボールホルダーに対して果敢なチェイスを繰り返していた13番。

ここ2年、出場機会に恵まれたとは言い難い新主将の今シーズンに期待します。


千葉:試合後のコメント取材(J's GOAL)

ドリブルだけでなく、前半、スルーパスに対して見事な読みでのカットを見せた太亮選手。

ここ数年、個人の成長とチームの成長の足並みが中々揃わないシーズンが続きますが、今シーズンこそ、チームと共に選手が飛躍するシーズンとしたいですね。

勝利にも関わらず、エントリの更新が遅くなった理由については言わずもがななのですが、その点に関して管理人が感じた事は試合そのものとは趣が異なりますので、今回はこの辺で。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する