犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

米倉恒貴選手移籍のお知らせ
米倉 恒貴選手 ガンバ大阪へ完全移籍のお知らせ(G大阪さん公式)

報道があった以前から覚悟はありましたし、実際に公表されても「そう決めたか」とは思いましたが、あまり寂しさは感じませんでした。

もし、彼がプレイヤーとしての向上を目指すなら、代表や海外の可能性は兎も角としても、このタイミングでの移籍が節目のように思えます。


ましてや、再びのJ1からのオファーですから、恨みがましい事は言えません。

しかし、正直に言えば期待よりも不安の方が大きい決断ではないかと受け止めています。


ここ数年のJEF、特に2013シーズンでは確かに輝いていた米倉選手。但し、それは本人の力のみでなく、チームとしてそういう戦い方を選択したればこそ。

右SBとしても日程の消化と共に危うさが見え隠れする様になっていましたから、個人的には仮に2014シーズンを共に戦ったとしても、ポジションそのままの起用だとは安易には考えられませんでした。

スプリントやフィジカル、キックの強さなど、確かに抜けている部分はありますが、その反面、スペースの作り方や第3の動きに大きな課題がある事もまた事実。


G大阪というクラブの中で、自分の良さを殺さずにこれまで同様の輝きを見せる事が出来るかどうか。

移籍の決断以上に大きな課題を背負ったと考えています。


無論、ここ数年、恐らくはJEFサポから最も熱い視線を送られた選手。

皆さんがそうであったように、管理人もやはり思い入れは深いものでした。

また、米倉選手自身、JEFの昇格を背負って戦ってきたのだとも思います。


それでも、1プレイヤーとして絶対的な存在だと感じていた訳でないのは、前述の通り、チーム全体が良さを活かすためにそのためのシフトを敷いた事。また、それ以上に切られたコースや埋められたスペースに関する有効な打開策を見いだすようなプレーを示せなかったから。

その点で考えると、彼がJ1の舞台でどの様なプレイを見せ、彼の地でどの様な成長を見せてくれるのか、期待よりは不安が大きいように感じます。

また、彼自身チームの為に尽力はしてくれたけれど、結局は自身の力で勝利を、シーズンの結果を齎してくれはしなかった点も気がかりです。

怪我の影響があった事を差し引いても、選手生命やステップアップという言葉以前に、これまでのキャリアの中での不満や不安だった点も再び見え隠れするのではないでしょうか。


ともあれ、プロ8年目となる2014シーズン。不動のスタメンを勝ち取った翌年、遂に我々と袂を別つこととなりました。

綺羅星のごとくタレントを要するG大阪さんですから、起用されるポジションは兎も角としても、彼の為のシフトを敷くような戦い方を選択する事は無いでしょう。


今までとは逆に、彼がバランスを意識し、カバーを求められる事が前提になるのかも知れません。

それは、むしろ今まで苦手としていた部分のスキルを求められるという事。


それ故に、未だに移籍は得策でないという考えが捨てきれない管理人です。

別れは哀しくありませんが、やはり、寂しくはあります。


それでも、管理人の心配が杞憂であったと笑い飛ばすような活躍を見せて欲しいと願います。


頑張れよ、ヨネ!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する