犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 止めた、決めた、勝った[天皇杯準決勝/FC東京vs広島@国立]

こんにちは

今年の観戦納めとして、国立での天皇杯準決勝にお邪魔してきました。

日頃、青赤さんサイドで拝見している身ですが、今回は結果次第でラストマッチになってしまう中島選手はじめ、JEFに縁のある選手が多い広島さんサイドでの観戦。


東京さんの3バックはある程度予想されましたが、相手ボールの際にFWから中盤の底までが釣瓶のようなポジションチェンジを見せながら広島さんに相対した戦いぶりは、シーズン前半を彷彿とさせる見事なものであったように思います。

高い位置を保った両サイドに加え、東選手、アーリア選手が絡む攻撃で、何度か惜しい形を作っていました。

しかし、リーグ最小失点を誇る広島さんのゴールネットを揺らす事は遂に能わず。

この辺り、骨折で欠場を余儀なくされたルーカス選手、出場停止の平山選手の不在が響いた面はあるかもしれません。


他方、相手のフォアプレスを受けたため自陣での攻防を強いられた広島さんも、ただ蹴り出す事は無く、最終ラインから相手の隙を狙います。

右サイドからの崩しを主眼にしながら、3枚のDFを中央から割らんとする姿勢はさすがリーグ覇者と呼べるものでありましたが、こちらも残念ながらゴールまでには至らず。


延長戦などは両チーム共に抜き身の切り合いのような内容でありましたが、結局はPK戦へ。


準ホームである国立、東京さん側のゴールで行われたPKはそれだけで広島さんに不利のように思われましたし、実際、3-1という厳しい状況にまで追い込まれました。

しかし、このゲームの圧巻はここから。

決まれば終わりという4本目をセーブした西川選手は、なんとそのままペナルティースポットへ。

自らキッカーとしてきっちりとPKを決め、更に5本目もストップ。

その上、サドンデスへ突入した7本目もしっかりとセーブ。

最後のキッカーがゴール中央へ蹴り込んだボールがネットを揺らし、広島さんが決勝に駒を進めました。
日の射さないアウェイ側自由席、日没後の冷え込みも厳しいスタンドでの観戦の上、延長含めてスコアレスな試合でしたが、今年最後の観戦を満喫して家路についた管理人でした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する