犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 求めるはただ結果のみ(5位)[第42節:A/鳥取戦]【J特】

こんばんは

京都に続き、徳島、千葉、長崎がJ1昇格プレーオフ出場へ(J公式)
【J2:第42節 鳥取 vs 千葉】レポート:千葉が後半アディショナルタイムでプレーオフに生き残る!鳥取は20試合未勝利で入れ替え戦に臨むことに。(13.11.25)(J's GOAL)
試合結果

相手の激しいプレッシャーに先手を奪われ、そのまま流れを引き戻せない悪癖を憂うべきか、プレーオフ出場の重圧を背負いながらも、劣性の中試合終に盤い追い付いた結果を評価すべきか、判然としない試合でした。無論、勝ち点1を積み上げられた事については素直に喜びを感じてはいるのですが…。


選手に当たってコースが変わってしまった不運があるとはいえ、ミドルシュートを許した上、セカンドボールへの対応が遅れて喫した先制点。

競り合いながらも、シュートコースへの備えを怠った追加点。

2失点共に、これがJ1を目指しているチームかと思えるような甘さが感じられました。

少なくとも、リーグ最終戦にして、最も苦手な戦い方を明確に晒してしまった事実は否めません。

もう何本か、鳥取さんのシュートが枠を捉えていたのであれば、我々のシーズンは最終節と共に終了していた筈でした。


その一方、これまでは中々見られなかった、内容でも途中経過に於いても劣勢を強いられながら、最低限の結果が残せたという点は、プレーオフに向けての光明でしょうか。

ベンチワークも、パスワークからの攻撃という理想はひとまず収め、個の強さを前面に押し出した現実的な戦い方を選択したような交代策でしたし、その途中出場の深井選手や森本選手が得点に絡んでいる訳ですから。

接触で傷んだ智選手が些か心配ではありましたが、結果として退場者も出さず、出場停止の選手が無いままプレーオ そ臨めることは何よりだと思います。

とはいえ、客観的に見れば、土壇場での薄氷のドローである事もまた変わりません。

2013J1昇格プレーオフ出場チーム決定!(J公式)
【J1昇格プレーオフ、残りの3枠は徳島、千葉、長崎に!!】(13.11.24)( J's GOAL )

最終節とは異なり、勝ち越さねば次に進めないプレーオフ緒戦。

たアウェイの地で、しっかりと勝利を収めるべく、しっかりと今節の反省と十全の対策を行って欲しいと願う管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する