犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 空模様とは対象的(4位)[第37節:H/熊本戦]【J特】

こんばんは

さて、開始から暫くは、熊本さんのチャンスが目立った試合でした。

特にサイドチェンジを織り交ぜながらの右サイドから配給されるクロス、時折中央から放たれるミドルシュートには些か肝を冷やしました。

ハイボールの競り合いに関してはキム選手と他の選手が重なるシーンも度々ありましたから、智選手の不在があるにせよ、天皇杯に続いて先発起用された慶選手含め、連携はまだまだ深める余地がありそうです。


しかし、JEFも徐々に攻撃のリズムを取り戻し、先制点を奪います。

ゴールやや左側からのFK。兵働選手のボールはバーを叩きましたが、その流れからのボールを拾い続け、米倉選手の突破、佑昌選手のゴールは見事でした

そして、その米倉選手へボールを配給したのは先述の慶選手。大介選手や勇人選手とはまた違った持ち味で存在感を示しました。


その直後には兵働選手のスルーパスに抜け出した也真人選手のふわりとしたクロスから滞空時間の長いケンペス選手のヘッドで追加点。


更に、峻希選手の走り出しにピタリと合わせた兵働選手のスルーパスからの3点目。

シュート数にさほどの差が無いながら、3点のリードで前半を折り返します。


後半にはパス交換を繰り返した後の佑昌選手のクロスから再びケンペス選手のヘッドで4点目。


終盤、左サイドでケンペスが粘った流れからケンペス選手がハットトリック達成で5-0。

最後は米倉選手のミドルの零れを詰めた森本選手が加入後初得点で6-0の大勝となりました。


試合序盤には危なっかしさを見せながら、智選手での無失点。


また、得点のみならず、粘りや視野を含めて調子が上がっているケンペス選手、得点に繋がるパスでチャンスを演出した兵働選手の復調。

天皇杯での負傷の影響を感じさせなかった也真人選手、天皇杯同様に存在感を示した慶選手、森本選手の初得点など、明るい材料が数多く見えた試合だったように思います。

当日は喜びに溺れ、翌日は寒さと筋肉痛から更新が遅くなりました。


降雨の寒空の下、フクアリに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する